医科歯科連携

医科歯科連携に積極的に取り組んでいます

きらら歯科では、「医科歯科連携」を積極的に行っています。医科歯科連携とは、患者さんに対して、医科と歯科が協働することで総合的な治療を提供する方法です。

例えば歯周病菌はお口の中で問題となるだけでなく、脳や心臓の疾患の原因となりますし、誤嚥性肺炎や糖尿病、低体重児出産や早産の危険を増大します。

糖尿病の患者様と歯周病

歯周病と糖尿病は相互に関係しています。歯周病菌の作用で発生するサイトカインという炎症物質は、血糖値を制御する役割を持つインスリンの働きを低下させてしまいます。

そのため、歯周病が進行すると、糖尿病も悪化しやすいことが知られています。逆説的に、歯周病の治療に取り組んで炎症を減らすと、血糖値のコントロールがしやすくなる利点もあります。つまり歯周病治療は糖尿病の改善にも役立つのです。

日本糖尿病協会登録歯科医制度

きらら歯科は日本糖尿病協会登録歯科医制度には加盟しておりません。登録の要件に日本歯科医師会の会員であることが必須であるからです。当院歯科医師は糖尿病の患者様の歯周病治療に長けておりますので、医科の先生もぜひ患者様をご紹介いただけますと幸いです。

近年、歯周病は糖尿病の6番目の合併症と言われるほど、糖尿病と歯周病には密接な関係があると指摘されています。日本歯科医師会と日本糖尿病協会は、「日本糖尿病協会 登録歯科医制度」により、医科歯科連携を行い、患者さんの糖尿病・歯周病の予防・治療に努めています。登録できるのは、糖尿病患者の歯科治療経験がある方、歯周病治療を積極的に実施している方で、日本歯科医師会および日本糖尿病協会の両会会員である歯科医師です。
タイトルとURLをコピーしました