当院での自由診療価格を一覧で掲載させていただきます。基本的には標準価格で治療が終わりますが、歯の状態などによっては追加の料金がかかる場合もございます。

自費治療価格表

きらら歯科での自費治療費(保険適用外)の標準料金を掲載。消費税込の価格です。
種類写真価格(消費税込)
標準価格
ジルコニアセラミックスクラウン150,000
前歯:最もお勧めします
奥歯:お勧めします
ジルコニアクラウンの表面にセラミックを焼き付けて透明感を出した冠です。強度もあり透明感も出せるため前歯に使用される高品質な素材です。
【主なリスク副作用】
金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある
オールジルコニアクラウン100,000
前歯:お勧めします
奥歯:最もお勧めします
オールジルコニアクラウンは、ジルコニアと呼ばれる白い金属を使用した最新材料です。強度があり、強い力がかかっても割れないためおすすめの材料です。透明感が少し劣るため前歯にはやや向きませんが、奥歯のセラミックとしては第一選択になる材料です。
【主なリスク副作用】
金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある
e-maxクラウン100,000
前歯:最もお勧めします
奥歯:お勧めします
e-maxとはオールセラミックの一種で特殊なセラミック素材で作られたかぶせもののことです。 耐久性はジルコニアと比較するとやや劣りますが、審美性は良く透明性があるので 前歯に最適です。
【主なリスク副作用】
金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある
セレッククラウン50,000
前歯:お勧めします
奥歯:あまりお勧めできません
セレッククラウンとはデンタルラボ用CAD/CAMシステムを使用して機械によって被せ物を削りだす作製方法です。人による手作業が少なくて済みますので、費用が安く、作製期間も短くて済むセラミック材料です。
【主なリスク副作用】
金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある
ハイブリッドクラウン50,000
前歯:あまりお勧めしません
奥歯:あまりお勧めしません
ハイブリットクラウンは、ジルコニアやセラミックと比べると柔軟性があります。見た目はそれほど劣りませんが長期的に使用していると変色や摩耗してきます。あまりお勧めはしていません。
【主なリスク副作用】
金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある
メタルボンドクラウン120,000
前歯:あまりお勧めしません
奥歯:あまりお勧めしません
メタルボンドクラウンとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けたクラウンです。非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されてきました。欠けてきた時に金属が露出することが欠点です。
【主なリスク副作用】
金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある
ラミネートべニア120,000
前歯:あまりお勧めしません
奥歯:使用不可
歯の表面を削って張り付けて綺麗にする処置です。
【主なリスク副作用】
健康的な歯質の表面を削る必要がある。
ごく稀に欠けたり剥がれたりする可能性がある。
硬い食材を噛み切る場合は不向きなので注意が必要。
ダイレクトボンディングは経年変化で変色・着色してくる可能性がある
ゴールドクラウン140,000
前歯:使用不可
奥歯:お勧めします。
金で出来たクラウンです。強度及び金の展延性があり虫歯になりづらい利点があります。最近は金の色の歯は審美的な面で避ける方が多いようです。
【主なリスク副作用】
金属色が目立つ 一時的に咬合痛・冷痛などを生じる事があります。
セレックインレー40,000
CADCAMを使用したセレックで出来たインレーです。強度はやや弱いですがセラミックで出来ているため虫歯になりにくい特徴があります。奥歯の治療に使用します。
ハイブリッドインレー
ハイブリッドアンレー
50,000
ハイブリットセラミックを使用したインレーです。強度は普通で使用しているうちにすり減る性質を持っています。プラスチックを含んでいるため将来的に変色が予想されますのであまりお勧めはしません。
e-maxインレー80,000
EMAXという高強度セラミックで出来たインレーです。強度は強く透明感がありセラミックで出来ているため虫歯になりにくい特徴があります。奥歯の治療に使用します。見た目と強度のバランスに優れています。
オールジルコニアインレー80,000
ジルコニアという素材で製作されたインレーです。強度はとても強いが透明感がすくないため審美部位には適しません。歯ぎしりの癖があるかたや硬いものをバリバリ食べたい方にはお勧めの材料です。
ゴールドインレー50,000
金で出来たインレーです。強度は強く展延性があるため辺縁の封鎖性も高いため虫歯になりずらい材料と言えます。見た目は金色をしているため最近では人気がありません。
【主なリスク副作用】
金属色が目立つ 一時的に咬合痛・冷痛などを生じる事があります。
自由診療用土台(金)
ゴールドコア
100,000
金で出来た土台です。
メリット
保険メタルコアよりも柔軟性があることとゴールドの色が歯茎の黒変を防ぎます。
また柔軟性が高いため歯との適合も良いのが特徴です。
デメリット
ファイバーコアと比べると弾性が劣り歯根が破折する危険がある(金属のくさび効果)
保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかります。
自由診療用土台(白)
ファイバーコア
20,000
ファイバーで出来た土台です。
メリット
適度な柔軟性があるために歯が折れることを防ぎます。
当院ではi-TFCシステムの土台を使用しております。
デメリット
メタルコアより強度が劣ります。
自由診療用土台(白)
レジンコア
被せ物に含まれます
入れ歯の名入れ
(1床あたり)
5,000
入れ歯
ノンクラスプデンチャー
300,000(5歯以上)
200,000(1~4歯)
【主なリスク副作用】
強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。
土台となるご自身の歯に負担がかかります。耐久性がやや劣るため、数年後に再作成が必要になる可能性があります。
※歯ぐきに負担がかかるため、歯ぐきに痛みを感じることがあります。
入れ歯
コバルトクロム床
350,000
【主なリスク副作用】
金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。加齢によるお口の中の変化により、定期的に調整が必要になる可能性があります。
入れ歯
チタン床義歯
500,000
【主なリスク副作用】
金属の種類によってはアレルギーがでる可能性があります。加齢によるお口の中の変化により、定期的に調整が必要になる可能性があります。
入れ歯(自費義歯)
義歯修理
5,000
入れ歯(特殊義歯)
クラウンやRPIなどを使用
4歯まで
5~8歯
9歯以上
50,000
100,000
150,000
スポーツ用マウスピース20,000
マウスピース作り直し
6か月以内
5,000
審美用
マウスピースA1
エルコジュール
25,000
仮の歯(1本あたり)
TeC作成・修理
3,000
仮の歯(1本あたり)
TeCつけなおし
2,000
自費補綴物付けなおし
他の歯科医院で入れたクラウン・べニアなど
3,000
外科手術
GBR法
Bio-Oss
Biomet等使用
80,000
外科処置
エムドゲイン
歯周組織再生
1歯50,000
2歯80,000
矯正応急処置
他歯科医院の矯正装置
応急処置
5,000
矯正応急処置
他歯科医院の矯正装置
舌側保定線の除去
8,000
矯正応急処置
ワイヤーカット
2,500
矯正当院通院中
応急処置
ワイヤーカット
無料
矯正
便宜抜歯(投薬込)
10,000
矯正
切開開窓(投薬込)
レーザー
または
電気メス使用
5,000
レジン貼り付け
前装
ポンティックなど
5,000
ダイレクトボンディング20,000
クリーニング
PMTC
15,000
フッ素塗布
フルオルゼリー塗布
3,000

医療費控除について

医療費控除とは、医療費の負担を軽減するために設けられた制度です。

本人及び生計を同じにする配偶者、その他親族の医療費として、1年間(毎年1月1日から12月31日)に10万円以上の医療費を支払った場合、翌年の3月15日までに申告すると、一定の金額の所得控除を受けられ、税金が還付または軽減される制度です。
矯正治療にかかった費用は、この医療費控除の対象になります。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。
申告額の限度は200万円です。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

お支払いに関して

自由診療に関しては、現金またはクレジットカードによるお支払いが可能となっております。

デンタルローンも使用可能です。