あきる野市きらら歯科|感染対策

当院は感染対策を徹底しています

きらら歯科では、歯科医院として当然の治療の技術はもちろん、最新の設備だけでなく衛生面でも安心を追及し安心・安全・最良を医院の理念に掲げ日々診療に従事しております。

医療関係者が驚く感染対策

歯科医師達・見学に来た他院の歯科衛生士も徹底した滅菌システム・高水準の材料に驚いている水準です。

院内感染を防ぎ安心して通える歯科医院を

自分自身が歯科医院に通院するときには、どんなに技術が高くて最新式の設備を整えていても、優れた滅菌システムが運用されていない歯科医院には通いたくないと思います。

当院では安心してご家族が通院できるよう以下の取り組みを行っております。ご家族の安全をお守りすることをお約束します。

最新の滅菌洗浄装置設置

ミーレジェットウォッシャー設置

歯科用器具洗浄機(ミーレジェットウォッシャー)は、消毒・滅菌の世界基準である「ISO15883」に規定された「93度+5分間」という条件をクリアした、歯科治療で使用した器具の洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を自動的に行う熱水消毒器です。

感染の原因となる血液や唾液などのたんぱく質の汚れを落とすだけでなく、93℃の熱水ですすぎを行うため、高レベルな熱湯消毒が可能です。高い水圧と徹底した温度管理による洗浄で、感染リスクを軽減します。

クラスBオートクレーブ設置

ヨーロッパの厳しい滅菌基準「クラスB」をクリアしたオートクレーブを導入しています。
DACプロフェッショナル

LISA(リサ)

オートクレーブは高温高圧滅菌器で、診療・治療で用いる器具を細部までしっかり滅菌できる性能を完備しています。治療後にすべて洗浄・滅菌・消毒を行い、滅菌パックで保管することで、患者さまごとに清潔な器具を使用することができます。

ヨーロッパでは当たり前のようにクラスB滅菌器が導入されていますが、日本の歯科医院での導入率はまだ高くないと言われています。

院内感染を防ぎ、患者さんに安全・安心して治療を受けていただく環境づくりをしていくことも、私たち医療従事者の責務であると考えております。

使用したハンドピースはすべて滅菌

全てのハンドピース(タービン・コントラアングル)という、虫歯を削る際に使用する器具は、1人の患者様に使用した後に必ず毎回個別に洗浄し、パックして滅菌を行っています。
iCare

iCare

治療用手袋は毎回交換

当院では感染対策のため、患者様ごとに毎回医療用グローブの使い捨てを行っております。

FEED社より滅菌グローブ導入認定
FEED社(歯科材料販売メーカー)より、当院は医療機器グローブ導入歯科医院認定を頂きました。

医療機器グローブ滅菌

使い捨てを徹底

紙コップ、エプロン、トレー、筆などは毎回使い捨てを行います。

使い捨てを徹底
  • 診療に使用するトレー・紙コップ・エプロンなど使い捨てに出来るものは、すべて使い捨てにしています。
  • 即時重合レジンなど仮歯作成などに使用する筆は患者様ごとに使い捨てを行っております。
ミノサイクリン軟膏
歯周病治療薬ペリオフィール歯科用軟膏は1度使用したら使い捨てを行っております。

プロフィーブラシ
歯面清掃に使用するプロフィーブラシは1度使用したら使い捨てにしております。

TFファイル
根管治療に使用する最新のニッケルチタンファイルであるTFファイルは、患者様ごとに使い捨てを徹底し行っております

その他の感染対策

使用したユニットの消毒

1人の患者様を治療した後は、毎回消毒にて椅子を清拭しています。

口腔外バキュームを設置

当医院では、感染予防の観点からこの飛沫感染のリスクを下げるのに効果的な最新型の口腔外バキュームを設置
フリーアームアルテオ

フリー アーム・アルテオを第二診療室の治療台に設置しています。口腔内バキュームと口腔外バキュームの併用にて患者さんもスタッフも安全・安心なクリーンな診療室をめざしています。

歯科感染管理施設に認定

当院は、特定非営利活動法人日本・アジア口腔保健支援機構から感染対策を徹底していることを評価され歯科感染管理施設に認定されております。

マニュアル化しています

きらら歯科では滅菌を徹底し「感染させない」ための設備・薬剤での滅菌・消毒、またはそれを扱う人のための知識をマニュアル化して従業員教育を徹底しています。

タイトルとURLをコピーしました