「子ども歯ならび矯正」のために開発されたマウスピース式装置であるプレオルソをきらら歯科では取り扱っております。

小児(小学校低学年・中学年頃がおすすめです)の顎の骨の柔らかい時期に始めることで効果が出やすい矯正方法です。早いうちに使用することで非抜歯で治療が可能になる可能性が高まります。
見た目の改善も大切ですが、お子様の健やかな成長をサポートすることができる装置です。

装着するのは、家にいるときや寝ているときで、外出時は外せますので見た目を気にせずに済み、また、食べたり、飲んだり、そしてブラッシングも普段と同じようにでき、気をつかう必要がありません。そして既製品を使用するので、ほかの矯正治療システムよりも比較的安価です。

やわらかく弾力のある素材なので、痛みはほとんどありません。また金属不使用なので金属アレルギーの心配も不要です。

総額20万円未満で80%程度の綺麗さの歯並びを得ることができます。

80年以上も前から使われつづけている「機能的顎矯正装置」を新素材のマウスピースに改良した矯正方法です。

既成のマウスピース(お子様の顎のサイズ・不正咬合の種類を確認後歯科医師が選択します)を使用することにより費用を抑え、綺麗な歯並び・噛み合わせに誘導することが可能です。

プレオルソは完成物薬機法対象外です。医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

プレオルソのメリット

痛みがほとんどなく、お子さんへの負担が少ない

一般的な矯正装置は、ワイヤーなどの金属を使い強い力を与えるため違和感や痛みが強くなりやすいのですが、歯への負担が少ないプレオルソは違和感や痛みを最小限に抑えられます。

小児歓迎の歯医者さん

取り外しできるため、お手入れが簡単

従来の矯正装置は取り外しができないため歯磨きがしにくく、治療中に虫歯になりやすいというデメリットがありました。(その分確実に動かすことができますが・・・)
プレオルソは取り外しが簡単で歯磨きもしやすいため、虫歯の心配も少なくなります。装置のお掃除もしやすいので常に清潔な状態で使用できるのも特徴です。

従来の矯正装置は子ども自身で完全に磨くことが難しいため、親御さんの協力が必要になります。

装着は「日中1時間〜2時間」と「就寝時」のみ

日中1時間〜2時間就寝時のみの装着となりますので、学校まで付けていく必要がなく、日常生活への影響がほとんどありません。

治療後、後戻りしにくい

「歯並びが悪くなる原因」を根本から取り除く治療となりますので、治療終了後の後戻りの可能性が低くなります。

プレオルソの4つの特徴

1.柔らかい素材を使用しています。
装着時の”痛み”がほとんどありません。
弾性があるためにこわれることがほとんどありません。

2.最適なデザインの”プリフォーム”タイプです。
印象採得の必要がありません。
装置を温める事により、フォーム調整が可能です。

3.いつでも、容易に取り外しできます。
口腔内を清潔に保つことができます。
家にいる時間に使用します。

4.MFT(口腔筋機能療法)の装置として使用できます。
舌は自動的に挙上されます。
子どもへの指導もむずかしくありません。

プレオルソ治療の流れ

1、プレオルソ相談

  • プレオルソについてのご説明
  • 治療期間について
  • 費用などのご説明

2、資料集め(精密検査)

  • レントゲン撮影
  • 歯の型取り
  • お顔・お口の写真撮影

3、診断契約

  • 治療方針の説明
  • 治療費用の説明
  • 費用などのご確認
  • 契約書へのサイン

4、治療開始

  • プレオルソをお渡し
  • 使い方の説明

装置の種類について

TYPE1(スタンダードタイプ)

上顎前突/叢生/過蓋咬合/各種保定に使用されます

TYPE2(開咬用)

開咬症/開咬の保定に使用されます。

TYPE3(受け口・反対咬合用)

反対咬合/反対咬合の保定に使用されます。

口腔筋機能療法(MFT)とは?

口腔筋機能療法(Oral Myofunctional Therapy)は、食べる(咀嚼)、飲む(嚥下)、発音、呼吸、舌の位置、口唇の位置などの改善を目的とした各種トレーニングを行うことにより、口腔周囲の筋肉バランスを整える療法です。

  • 舌・口元のトレーニング
  • 発音のトレーニング
  • 水を飲み込むトレーニング

プレオルソの使い方と注意点

家で起きている時は最低1時間以上使用

プレオルソは基本的に夜寝ている時に使う装置ですが、家にいて起きている間はできるだけ長時間装置を使用することが必要です。
最低でも1時間は使用してください。ゲームをしている間にはプレオルソを装着するなどの約束をしてください。

それ以下の使用時間だと装置を異物と感じてしまい、寝ている間に口の外に装置を出してしまうことが多くなります。

使い方のポイント

① 使用前は、必ず歯磨きをしてください。

② 最初の段階で特に前歯にやや痛みを感じることがあります。その場合、使用時間を減らし痛みがなくなったら通常の使用時間に戻してください。
③ 使用中は必ず口を閉じ、鼻呼吸で使用してください。ただし日常会話はどんどんしていただいて構いません。
④ 装置が歯茎などに当たって痛いところが出ましたら使用を一旦中止し、ご連絡ください。
⑤ 力を入れて横にずらして噛まない様にしてください。
⑥ 使用中、唾液が沢山出ます。装置を入れたまま唾液を飲み込む練習をしてください

プレオルソQ &A

Q プレオルソの適用年齢について教えてください

プレオルソは3歳~11歳頃までのお子さんに適した筋機能矯正治療方法です。
「プレオルソ」は、顎骨が成長する過程で使用する矯正装置です。ある程度社会性が身に付く3歳くらいから使用できますが、5歳~6歳頃始めるのがベストタイミングです。大人の歯(永久歯)が生え揃う12歳以降での効果は薄く失敗する確率が上がります。
できるだけ早くご相談いただくことをお勧めします。

Q治療期間はどのくらいですか?

歯の移動は、歯が動きやすいお子さんと動きにくいお子さんがいらっしゃるため、一概に期間を提示することは難しいものの、 1年~1年半程度が目安となります。
治療開始時には歯並びの写真を撮影しますが、早い方で2ヶ月も経つと、歯並びが変化していることを見ていただけるか思います。

Q寝ている時にマウスピースを飲んでしまいませんか?

プレオルソのマウスピースは喉を通らない大きさのため、飲み込んでしまう心配はまずありません
また睡眠時はマウスピースは歯にはまった状態をキープできます。

Q洗浄剤の使い方と保管方法について教えてください

毎日のお手入れ1日1回中性洗剤を付てブラシで磨きます。
従って、台所で使うJOYなどの中性洗剤は使用可能です。装置をお口から出した後は、必ずお水ですすぎ、冷暗所に保管してください。

プレオルソ費用について

プレオルソ

きらら歯科で治療を行なっている「プレオルソ」は、現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。
永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。
「歯ならび」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としています。
処置費用(税込)
相談料500円
■通院中の患者様は無料
歯並びを拝見させていただきます。
不安や疑問に思われることは、何でもご質問ください。
精密検査診断料20,000円
プレオルソ装着料100,000円
プレオルソ交換費用
紛失・破損を含む
20,000円
※1年に1回ほどの交換が必要です。
経過観察
MFT
※3ヶ月に一度
5,000円
約3か月ごとに通院し、歯科医師の診察をうけていただき、治療経過を確認していきます