ジルコニア治療|あきる野市きらら歯科

奥歯で最もおすすめな審美修復方法です

ジルコニア治療とは、歯科治療において使用されるジルコニア(酸化ジルコニウム)を材料とした補綴物(クラウン、ブリッジ、インプラントなど)を使った治療法を指します。

ジルコニアは「人工ダイヤモンド」に使用されている材料です。

ジルコニアは、その優れた特性から近年、歯科治療で非常に人気が高まっています。

ジルコニアの特性

  1. 強度と耐久性
    • ジルコニアは非常に硬く、耐久性に優れているため、長期間にわたって使用できます。
    • これにより、咬合力や磨耗に対する耐性が高くなります。
  2. 生体適合性
    • ジルコニアは生体適合性が高く、アレルギー反応を引き起こすことが少ないため、体内に安全に使用できます。
  3. 審美性
    • ジルコニアは天然の歯のような透明感と光の透過性を持っており、審美的に優れています。また、金属と異なり、歯茎の黒ずみが生じないため、自然な見た目を保つことができます。
  4. 化学的安定性
    • ジルコニアは口腔内の酸やアルカリ、温度変化に対して安定しており、腐食しにくい特徴があります。

ジルコニア治療の用途

  1. クラウン(被せ物)

    • 虫歯や損傷した歯の修復に使用されるジルコニアクラウンは、強度と美しさを兼ね備えています。
  2. ブリッジ

    • 歯が欠損している場合、両側の健康な歯を支えにしてジルコニアブリッジを装着することで、機能と審美性を回復します。
  3. インプラント

    • ジルコニア製のインプラントは、チタンインプラントの代替として利用されることがあり、金属アレルギーの心配がないという利点があります。
  4. インレー・アンレー

    • 小規模な歯の修復には、ジルコニアインレーやアンレーが使用されます。これにより、部分的な修復でも自然な見た目を維持できます。

ジルコニア治療のメリット

  1. 長寿命
    • ジルコニアは非常に耐久性が高く、長期間にわたり使用できます。
  2. 審美的な自然さ
    • 自然な歯に近い見た目を提供し、美しい仕上がりが期待できます。
  3. アレルギーのリスクが低い
    • 金属アレルギーのリスクが少ないため、安心して使用できます。
  4. 快適さ
    • 軽量で、口腔内に違和感が少ないため、患者の快適さを向上させます。

ジルコニア治療のデメリット

  1. 高コスト
    • ジルコニアは他の材料に比べて高価であるため、治療費が高くなることがあります。
  2. 技術的要求
    • ジルコニアの加工には高度な技術と専門的な設備が必要です。経験豊富な歯科医師や技工士の技術が重要です。

ジルコニア治療を検討する際は、専門の歯科医師と相談し、自分の口腔内の状態やニーズに最適な治療方法を選択することが大切です。

透明感もある程度あります

近年ジルコニア自体の透明感も進化し、セラミックを用いずともジルコニア単体でそれなりの色調表現が可能になったため、ジルコニア単体によるフルジルコニア修復が多く用いられるようになりました。

セラミック修復に比べるとやや透明感は劣りますが、割れたり欠けたりする可能性が大きく軽減できることがメリットです。

強度が高いため削る量も少なくなるため、土台の歯にも優しい方法になります。

又ツルツルに研磨して仕上げると、かみ合わせの相手の歯を磨耗させるリスクが最も少ない方法でもあり、現在は奥歯のかぶせ治療の第一選択と考えております。

人工ダイヤモンドとしても使用される材料です

ジルコニアは、ダイヤモンドと同じ構造を持つセラミック素材で、優れた審美性と耐久性を持ちます。人工ダイヤモンドとして宝飾品としても利用されています。

天然歯と見分けがつかないほど、透明感のある美しい見た目を得られ、変色がなく長期にわたって使用可能です。

高い強度も得られるため、前歯だけでなく奥歯や複数歯の連結されたブリッジの使用にも向いています。

金属アレルギーの心配もありません。

ジルコニアの特徴

ジルコニアの特徴は、強くて丈夫な素材なので、物がしっかりと噛める点です。 また、金属材料では出すことができない透明感ある自然なを作ることができます。

重さも軽く、金属の三分の一程度で、装着した時ににかかる負担も緩和されます。

金属を一切使用していので、金属アレルギーの方でもご安心してご使用いただけます。

ジルコニアは自由診療です

歯のジルコニア治療の価格が高い最大の理由は「健康保険が適用されないから」です。

健康保険は基本的に「美容を目的とする治療」や「『最低限の治療』を大きく超えた範囲の治療」には効きません。

ジルコニア治療はどちらかと言えば後者(前者の要素もあります)に分類されますから、原則として保険が適用されないのです。

ジルコニアの寿命は

ジルコニアの補綴物の寿命は、正しいケアと使用条件によって異なりますが、一般的には非常に長持ちすることが知られています。以下にジルコニアの寿命に関する情報を詳しく説明します。

一般的な寿命

  1. 平均寿命
    • ジルコニアのクラウンやブリッジの平均寿命は10年から15年と言われていますが、適切なケアとメンテナンスを行えば20年以上持つこともあります。
  2. 長期耐久性
    • ジルコニアは非常に硬く、摩耗に対する耐性も高いため、長期間にわたって使用することが可能です。他の補綴材料と比較しても、その耐久性は非常に優れています。

寿命を延ばすためのポイント

  1. 適切な口腔ケア
    • 毎日の歯磨きやフロスの使用など、基本的な口腔ケアを徹底することが重要です。特にジルコニアの補綴物周辺を清潔に保つことで、虫歯や歯周病のリスクを減少させます。
  2. 定期的な歯科検診
    • 定期的に歯科医師によるチェックアップを受けることで、早期に問題を発見し、適切な対処を行うことができます。特に補綴物の状態やフィット感を確認し、必要に応じて調整を行うことが重要です。
  3. 過剰な力を避ける
    • 噛み合わせのバランスを保ち、硬いものを過剰に噛まないようにすることで、ジルコニアの補綴物に過度な負担をかけないようにしましょう。
  4. 適切な修正
    • もしジルコニアの補綴物に亀裂や破損が見つかった場合は、早めに修正や交換を行うことが大切です。放置すると、周囲の歯や歯茎に影響を及ぼす可能性があります。

影響する要因

  1. 口腔内の環境
    • 唾液の質や量、口腔内のpH値などの環境要因がジルコニアの寿命に影響を与えることがあります。
  2. 食生活
    • 硬いものや粘着性の高い食べ物を頻繁に食べると、補綴物に負担がかかりやすくなります。
  3. 噛み合わせの問題
    • 不正咬合や歯ぎしり、食いしばりがあると、ジルコニアの補綴物に過度な力がかかり、寿命が短くなる可能性があります。

総じて、ジルコニアの補綴物は非常に耐久性が高く、適切なケアを行うことで長期間にわたり使用することが可能です。ジルコニアの補綴物を選ぶ際には、歯科医師と相談し、自分の口腔内の状態やライフスタイルに最適な治療法を選ぶことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました