銀歯を白くする治療について

きらら歯科では、患者様の銀歯を白くする治療法を複数行なっており、東京都のみならず他県の多くの患者様よりお問合せを頂いております。

治療の際に、銀歯の周りが虫歯になっている、銀歯に隙間ができている場合には、保険診療の対象となることもありますので、ぜひ一度お気軽に当院歯科医師にお問い合わせください。

※完全に審美(しんび)目的で「虫歯などもなく、適合も良い銀歯」に関しては健康保険で白くすることは出来ません。

銀歯を白くできる治療の種類

白い詰め物で審美的にも優れた治療法は、複数あり歯科医師でも完全に理解している先生は少ないかもしれません。

大きく分けて以下のようになります。

複合プラスチックを使用した治療法

審美性も高く適度な硬さのあるコンポジットレジン(ガラスとプラスチックの複合材料)を使用した治療法です。

直接その部位に詰めるダイレクトボンディング法(以下のコンポジットレジン充填)と、外部でコンポジットレジンを使用した冠や詰め物を製作し、口腔内に接着剤を介して装着する間接法の二種類があります。

直接法の利点は削った部分に直接詰めることができ、その場で光を当てて固めるため1回の治療で終わるという利点があります。

直接法

  1. コンポジットレジン充填治療
    1. 3Mフィルテックシュープリーム仕様治療
    2. 松風ビューティフィルフロー治療

間接法

  1. レジンインレー治療
  2. ファイバーコア治療
  3. ハードレジンジャケットクラウン(HJC)治療
  4. CADCAM冠治療

セラミックを使用した治療法

  1. セラミック治療
    1. セレック治療(即日修復)
    2. イーマックス治療(高強度セラミック)

ジルコニアを使用した治療法

  1. ジルコニア治療
    1. フルジルコニア治療
    2. ジルコニアボンド治療

コンポジットレジン治療

コンポジットレジンとは(コンポジット=複合、レジン=樹脂)による治療法です。樹脂だけだとプラスチックのため汚れが付着しやすかったり、耐久性に問題があったりするのですが、フィラーと言ってガラスの粉を混ぜることにより、耐久性を増したレジン治療の方法です。

コンポジットレジンは歯科治療における白いプラスチック素材の詰め物です。ペースト状のプラスチック材料を歯に直接盛って、専用のLED照射器で強固に固めて詰める虫歯治療の方法です。略称で「CR」や「レジン」等とも呼ばれ、当院ではコンポジットレジンは保険が適用される治療法です。

セラミック治療

奥歯の銀歯が多く、気になっているあなたにおすすめの治療方法がセラミック治療です。

専門家によりセラミックを使用して、歯の色と変わらない色で詰め物を作成します。

crown025_caption

セレック

世界最先端のコンピューター技術によって、歯科治療に必要なセラミックの「詰め物・かぶせもの」を設計・製作し、健康的な白い歯を提供する治療方法です。

極めて精巧に型が製作され、歯との接着性が高いため、虫歯の再発を防止でき、予防歯科にも効果的です。

金属の被せ物より強度が劣るため、使用する部位によっては割れてしまうリスクもあります。

セラミックは自費診療となるため、保険診療と比べると費用がかかってしまいます。

e-max

CADCAM装置を使用して作成・またはプレスして製作する、高強度オールセラミック治療法です。

ジルコニアと比較し透明感もあるため審美性を要求する部分に使用されます。

強度も強く通常の使用で破損するリスクもそれほどありません。

Ivoclar Vivadent社e.maxプレスを使用したオールセラミッククラウンです。e.maxプレスは曲げ強度が400MPaで一般的な陶材の3~4倍あり、審美性にも優れています。

金属アレルギーの原因になることもなく人気の治療法です。セラミックだけで作られているので、自然な透明感と輝きがあります。セラミックコアと合わせて使用すると金属アレルギーの方には最適です。金属を全く使用していないので、ブラックラインが見える心配もありません。長期的に変色しません。

デメリットとしてはメタルボンドにくらべると強度がやや落ちます。ブリッジなどの長いものには強度的に向きません。保険診療と比べると費用がかかってしまいます。

小臼歯にお勧めの治療法です。

保険診療で治療した時の詰め物は、銀歯やプラスチックのレジンが使用されます。

ただし、口を大きくあけて笑うと銀色が目立ったり、金属アレルギーの心配をされる方もいらっしゃると思います。

プラスチックのものだと、着色や変色の恐れがあり強度的にも心配です。

そこでセラミックを使用します。セラミックは素材的に生体親和性も良く、物質的に安定しています。

更に、強度的にも強く、色も代わりにくく、天然の歯に近い感じで光を透過する、というメリットがあります。

詰め物と歯の境目も分からないくらいキレイになります。

歯冠修復(被せ物)

歯冠修復といって、歯にかぶせる治療法の際に使用できる材料についてご説明させていただきます。

部位別お勧めの治療法
部位別おすすめの治療法

ジルコニアクラウン

ジルコニアと言われる人工のダイヤモンド(白い色です)の表面に、熟練の歯科技工士によりセラミックの陶材を盛り自然に見える歯にしたものです。強度も高く、将来的に歯茎がやせたときに根元が黒くなったりしないため最も審美性を要求される部分にお勧めできる治療法です。前歯にお勧めできる治療法です。またブリッジにも向いている治療法です

デメリットとしては、硬い材質の為研磨や調整が難しい、金属よりは強度が劣るため割れるリスクもございます。保険診療と比べると費用がかかってしまいます。

メタルボンドクラウン

数十年前より行われているいわゆる「セラミックの歯」です。強度も高く審美性も高いのですが、フレームとして内部に金属を使用しているため、自然感はジルコニアクラウンに劣ります。また近年の貴金属の高騰により価格も高いためジルコニアクラウンを選ばれる患者様が最近は多いです。

最近ではおすすめできない治療法かもしれません。またブリッジにも向いている治療法です。

オールジルコニアクラウン

オールジルコニアクラウンは、すべてジルコニアという人工のダイヤモンドから作成している歯です。

割れることがまずなく奥歯などでは最もお勧めできる材料と言えます。

奥歯(大臼歯)にお勧めできる治療法です。またブリッジにも向いている治療法です。

デメリットとしては透明感がないため前歯にはおすすめできません。保険診療と比べると費用がかかってしまいます。

e-maxクラウン

CADCAM装置を使用して作成・またはプレスして製作する、高強度オールセラミック治療法です。

ジルコニアと比較し透明感もあるため審美性を要求する部分に使用されます。強度も強く通常の使用で破損するリスクもそれほどありません。

Ivoclar Vivadent社e.maxプレスを使用したオールセラミッククラウンです。e.maxプレスは曲げ強度が400MPaで一般的な陶材の3~4倍あり、審美性にも優れています。

金属アレルギーの原因になることもなく人気の治療法です。セラミックだけで作られているので、自然な透明感と輝きがあります。セラミックコアと合わせて使用すると金属アレルギーの方には最適です。金属を全く使用していないので、ブラックラインが見える心配もありません。
長期的に変色しません。
メタルボンドにくらべると強度がやや落ちます。小臼歯にお勧めの治療法です。ブリッジは長いものには強度的に向きません。