セラミック治療

奥歯の銀歯が多く、気になっているあなたにおすすめの治療方法がセラミック治療です。

専門家によりセラミックを使用して、歯の色と変わらない色で詰め物を作成します。

crown025_caption

保険診療の歯科で治療した時の詰め物は、銀歯やプラスチックのレジンが使用されます。

ただし、口を大きくあけて笑うと銀色が目立ったり、金属アレルギーの心配をされる方もいらっしゃると思います。プラスチックのものだと、着色や変色の恐れがあり強度的にも心配です。

そこでセラミックを使用します。セラミックは素材的に生体親和性も良く、物質的に安定しています。更に、強度的にも強く、色も代わりにくく、天然の歯に近い感じで光を透過する、というメリットがあります。 詰め物と歯の境目も分からないくらいキレイになります。

歯冠修復(被せ物)

歯冠修復といって、歯にかぶせる治療法の際に使用できる材料についてご説明させていただきます。

部位別お勧めの治療法
部位別おすすめの治療法

ジルコニアクラウン

ジルコニアと言われる人工のダイヤモンド(白い色です)の表面に、熟練の歯科技工士によりセラミックの陶材を盛り自然に見える歯にしたものです。強度も高く、将来的に歯茎がやせたときに根元が黒くなったりしないため最も審美性を要求される部分にお勧めできる治療法です。

前歯にお勧めできる治療法です。またブリッジにも向いている治療法です。

メタルボンドクラウン

数十年前より行われているいわゆる「セラミックの歯」です。強度も高く審美性も高いのですが、フレームとして内部に金属を使用しているため、自然感はジルコニアクラウンに劣ります。また近年の貴金属の高騰により価格も高いためジルコニアクラウンを選ばれる患者様が最近は多いです。

最近ではおすすめできない治療法かもしれません。またブリッジにも向いている治療法です。

オールジルコニアクラウン

オールジルコニアクラウンは、すべてジルコニアという人工のダイヤモンドから作成している歯です。透明感などはありませんが、割れることがまずなく奥歯などでは最もお勧めできる材料と言えます。

奥歯(大臼歯)にお勧めできる治療法です。またブリッジにも向いている治療法です。

e-maxクラウン

CADCAM装置を使用して作成する、高強度オールセラミック治療法です。透明感もあるため審美性を要求する部分に使用されます。強度も強く通常の使用で破損するリスクもそれほどありません。

金属アレルギーの原因になることもなく人気の治療法です。

小臼歯にお勧めの治療法です。ブリッジは長いものには強度的に向きません。

価格表

[table “3” not found /]