きらら歯科|ブリッジ治療

ブリッジ治療とは

歯を失ってしまったら、歯を補う治療が必要です。→欠損補綴治療と専門用語で言います。
ブリッジ治療とは、無くなった歯の前後にある歯を削り、それを土台とした被せ物を作ります。
前後の被せ物と欠損部のダミーの歯は3本一体で、入れ歯のような取り外し式ではありません。慣れてくると違和感がなく「保険診療では最も選ばれる欠損治療です」

保険適用ブリッジ

歯を失ったときの治療法

むし歯や歯周病、不慮の事故により歯を失う…その時に選べる治療方法は大きく分けて「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類です。

最近はインプラントを選ばれる方が多くなりましたが、外科的な処置のためにお体の状態によってはできない人もいますし、やはりインプラントは怖いという方もいます。当院ではインプラント、入れ歯、ブリッジといった選択肢をご用意しております。もともとあった歯を土台にして人工の歯を固定するため、硬いものを噛むこともできます噛み心地も安定していて、保険適用にもなり(部位や材質によっては自費診療になることも)、人気の治療です。
患者様のご要望に沿った形で治療を進めてまいりますので、歯科医師に遠慮なく何でもご相談ください。

歯のブリッジとは

ブリッジは、主に失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。

保険のブリッジ
喪失歯の両隣に残っている歯を削って土台を作り、そこにブリッジの名前の通り、橋を架けるように人工歯を被せます。違和感も少なく自分の歯のように噛むことができます。

ブリッジ治療の利点

ブリッジ治療は、インプラントと違って外科的な処置をしないので、糖尿病や高血圧などの人にもできる体にやさしい治療です。
また、ブリッジは保険適用で作ることが可能で、部分入れ歯と比較するとやや高価ではありますが、インプラントと比較すると非常に安価です。

ブリッジ治療の費用

歯の本数に応じて決まります。欠損している歯が多ければ多いほど、高くなります。また、治療に対して保険適用か、自費診療かによっても大きく異なります。保険適用の場合は、通常の料金に加え初診料や再診料、医学管理料、型取り代など治療に関する費用があります。

ブリッジにする歯の本数によっても異なりますが、目安として

  • 前歯の3本のブリッジ(欠損1本)で約27,000円程度
  • 前歯6本のブリッジ(欠損3~4歯)で約45,000円程度
  • 奥歯の3本ブリッジ(欠損1本)で約18,000円程度です。

再診料や、クラウンブリッジ管理料など各種保険点数を含みます。

ブリッジ治療の寿命

ブリッジの平均寿命は、約7年~8年と言われています。特に保険診療で作られたブリッジは経年劣化の影響を受けやすく、年数を重ねると、取れてしまったり土台の歯が虫歯になることがあります。

ただし、お口の中の状態(清掃状態が良いほうが長持ちします)・装着部位(前歯のほうが長持ちします)・噛み合わせ(かむ力が弱い方のほうが長持ちします)によっても寿命は大きく左右するため、実際にどのくらい持つかは個人差が非常に大きくなります。

ブリッジの寿命を延ばすためには、「ブリッジと歯ぐきの隙間を歯間ブラシで清掃する」ことが重要です。