コンポジットレジンによる治療

あきる野市きらら歯科では、 「出来るだけ歯を削らない治療」 としてコンポジットレジン治療を推奨しています。

*コンポジットレジン(Dental composite resins)=コンポジットとは混合のあるいは複合のという意味で、レジンとは樹脂(プラスチック)のことです。コンポジットレジンは、レジンとフィラーという成分の混合物です。

虫歯治療で銀歯になるのは抵抗があるけど、自由診療のセラミックは金額が高いので、保険内でどうにか白く治したいと考える方は多いのではないでしょうか?

そのようなかたは是非きらら歯科にご来院し相談ください。コンポジットレジンは保険で白く治せる治療法です。

コンポジットレジン保険でできますコンポジットレジンの組成
 コンポジットレジンを奥歯にも使用コンポジットレジンの耐久性
コンポジットレジンの前歯治療コンポジットレジンの変色

コンポジットレジンとは

コンポジットレジンは約20年ほど前から歯科治療で導入されてきており、最初はペースト状なのですが強い光を当てることにより固まります。

型をとり、銀歯などをはめ込む治療と比較すると歯を削る量はかなり少なくなり、その日のうちに治療が完了し歯と同じ色をしているため見た目も良いことがコンポジットレジン治療の特徴です。

そしてコンポジットレジンは唾液や酸などで溶けにくくアレルギーを起こしにくい材料です。

金属アレルギーの方で金属の詰め物を除去してコンポジットレジンで修復することによりアレルギーが改善することもあります。

その反面すべての治療行為を口腔内で行うため技術的に難しく、経験が必要と言われます。

きらら歯科で使用しているコンポジットレジンについて

フィルテックシュープリームウルトラ(3M ESPE)

  • フィルテックナノテシュープリーム(従来型)
    • ナノテクノロジーが審美修復の新しいドラマを創るとまで言われているコンポジットレジンです。
    • 3M ESPEのナノテクノロジーから生まれ、シュープリームとは「究極の」「’至高の」という意味をもちます。
    • ダイヤモンドのような美しさと強度をもつ、理想的なコンポジットレジンであるとまで言われました。
  • フィルテックシュープリームウルトラ
    • 当院で使用しています
    • 従来型のフィルテックシュープリームを改善改良したレジンです。
    • 1ミクロンの1/1000というナノフィラーを結合構造にする3M独自のナノクラスター技術
    • シリカフィラーだけでなくジルコニアフィラーを採用することで、操作性、強度、耐摩耗性、審美性など審美修復に求められる諸性能を持ったコンポジットレジン
    • 付与した形態を保ち、充填器にベタつきにくい
    • 前歯部Ⅳ級修復や臼歯部咬合面の形態付与なども容易
    • 天然歯に近い蛍光性を持っているので、より自然な色合いでの修復が出来る

スコッチボンドユニバーサルアドヒーシブ

エナメル質にも象牙質にも23メガパスカル(接着力の強さ)で接着し、保険診療で使用されます。

3M社のスコッチボンド ユニバーサルアドヒーシブのMDPモノマーという成分により、エナメル質・象牙質・金属・ジルコニア・アルミナの接着成分が含まれる。

またシランカップリング材によりガラスセラミック・コンポジットレジンに接着する。

Vitrebondコポリマーにより象牙質に接着する成分が含まれる。

全部入りの何でもくっ付くという接着材

3MESPE独自のVMSテクノロジーで被膜厚さ5ミクロンのボンディング材