口臭の4つの原因

口臭には自分では中々気づけず、また、他の人も指摘がしづらいものです。早めに適切な処置を受けて下さい。

口臭の90%は口の中の細菌(むし歯や歯周病・舌苔)が原因です。

口の中の細菌が出す揮発性硫黄化合物が、口臭の原因になります。そのほかにも以下の原因が考えられます。

 

  • 生理的口臭(誰もが持っている口臭)
  • 病的口臭(歯周病やむし歯腫瘍などによるもの)
  • 食べ物による口臭(にんにくやねぎ)
  • 心因性口臭(口臭がないのに口臭があると思い込んでいる)

口臭治療の流れ(きらら歯科)

  1. 電話にて診療の予約をお願いします
  2. 問診
  3. 精密検査
  4. 精密検査の結果の説明・カウンセリング
  5. 治療および消臭対策の処置

実際の治療について

口臭の 90% 以上は口腔内に疾患があり、歯周病と舌苔が主要な原因です。よって歯周病治療と、舌苔除去を確実に行うことが口臭治療の近道であるのはいうまでもありません。

歯周病治療を行います

口臭の主な原因になっている細菌のかたまりであるプラークを取り除くことが最も大切になります。

進行した歯周病や穴があいたむし歯に関してはご自身で磨いても磨ききることができないため、原因除去療法に基づき治療します。

治療内容は主に、プラークコントロール(歯磨き指導・特に歯と歯の間の清掃のための歯間ブラシ・フロスは必須となります)、スケーリング(表面の歯石の除去)、ルートプレーニング(歯の根についた歯石を除去し滑沢化する)などです。

むし歯の治療を行います

虫歯ができると、そこに食べかすなどが詰まりやすくなります。歯みがきをしても完全に取れないと歯垢などで繁殖した菌によって発酵・腐敗し悪臭のガスが発生します。虫歯が進行していくにつれて、虫歯の穴が大きくなると食べ物がさらに詰まりやすくなってしまいます。また、虫歯でなくても、歯みがきで取れなかった食べかすが腐敗することで口臭の原因になることもあります。

そのため歯周病の治療を終えた後あるいは並行してむし歯の治療を行います。

口臭への対策

唾液分泌量を増やす

  • 水分をよく取りましょう
  • コーヒー・アルコールなどの利尿作用のある飲み物を控えてください
  • ガムを噛んで唾液出しましょう

口腔内環境を整える

  • むし歯の治療をしっかりおこなう
  • 歯周病の治療(歯科医院での歯石除去)をしっかり行う
  • 歯間ブラシあるいはフロスを必ず使用してください
  • 舌磨きをしてください