あきる野市きらら歯科の口腔外科治療について

口腔外科とは、歯や歯茎の病気のみに関わらず、口腔を構成する組織、頬や舌、口唇、顎や顎骨内の病気の治療を行います。 当院では顎関節症、親知らず、口内炎等の治療から、歯の移植やインプラントも行っております。

きらら歯科では、入院や外来点滴が必要な症例、極めてリスクの高い抜歯・確定診断が難しい症例など以外の口腔外科領域全般の診療を行っております。

提携医療機関へ紹介

神経などへのリスクの高い抜歯や重篤な炎症などに関しては、提携医療機関へ紹介状を書かせていただいております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

提携紹介先医療機関

  • 東京西徳洲会病院
  • 公立阿伎留医療センター
  • 青梅総合病院
  • 東京医科歯科大学附属病院
  • 明海大学歯学部付属病院
  • 立川病院

診断装置の充実

当院ではデジタルレントゲンや、歯科用コーンビームCTなどを完備し様々な口腔外科疾患に対応させていただきます。

2015-07-24 18.54.10

親知らずの抜歯

当院では、下記のような場合には、親知らずの抜歯を勧めています。

親知らず治療
親知らず

・何度も腫れや痛み等の症状が出ている場合
・大きな虫歯になってしまった場合
・歯並びに悪影響を及ぼすような場合
・隣在歯の虫歯や歯周病の原因となりうる場合
・はえている位置が悪い場合

抜歯

口腔外科で最も多いのが抜歯です。当院では抜歯の際には必ず表面麻酔(塗る麻酔)をさせていただいておりますので痛みの少ない抜歯を受けることが可能です。

抜歯になる理由は様々なのですが、親しらずの周囲の歯茎が度々炎症を起こす智歯周囲炎の消炎後の抜歯や、歯周病でぐらぐらしてきた歯の抜歯などを行います。

当院にはCTが完備しているため、神経の走行との兼ね合いなども詳しく診査することが可能です。

IMG_4667

矯正歯科診療の便宜抜歯について

当院では矯正歯科診療において便宜的に抜歯が必要な場合の抜歯処置を行っております。

費用は健康保険が使えないため自由診療となり5000円(税込み)頂いております

他院で矯正治療中の患者様も対応させていただいております。矯正専門医院のかたや患者様で便宜抜歯をご希望の方はご相談ください。

顎関節症

顎関節症とは、顎に痛みがあったり、口を開け閉めするときに顎に違和感があったり、雑音がするなど、また、口の開け閉めが困難だったりする症状のことをいいます。また肩こりなどがおきてくることもあります。

よく歯を食いしばったり(歯列接触癖)、寝ているときに歯ぎしりをする方などは注意が必要です。

このような症状がある場合は、当院にご相談ください。

上唇小帯切除

上唇と前歯をつないでいるすじを「上唇小帯(じょうしんしょうたいといいます。上唇小帯が長いと歯並びが悪くなります。症状がひどい場合、気になる場合は小帯の切除をおすすめします。(小帯を切除しても、お口の機能に影響を及ぼすことはありません)

正常な上唇小帯
上唇小帯異常(小帯がのびています)

口内炎の治療

口内炎とは、お口の中に出来る炎症で、当医院では主にレーザーを使用して治療いたします。レーザーを当てることで表面に膜ができ痛みを和らげ、さらに殺菌作用により早く完治します。治療後すぐに痛みが消えるわけではありませんが、数時間後に食事をした時に痛みが軽減されます。

また、歯並び、入れ歯が合わない、歯ブラシの使い方の誤りなどで口腔内が傷ついて出来る場合は、歯ブラシ指導など合わせてご説明させていただきます。

また2週間以上口内炎が治らない場合にはほかの腫瘍性の疾患も考えられますので一度ご相談ください。