歯科技工士~匠の技術~

院内ラボ設置

きらら歯科では、国家資格を所有する「歯科技工士」が複数名在籍しております。匠の技を持つ技工士が、マイクロスコープを見ながらる技工物はとても精度が高く、長期的に長持ちします。

より患者様にあった冠を製作

「歯の型どり」をした後には、外部の歯科技工所に模型および設計の指示書を送付し、外部の歯科技工所で製作した歯を歯科医師が患者様に取り付けるという流れです。しかし当院では歯科技工士が院内に在籍するため、直接「患者様の歯の色を見たり」「患者様自身と技工士が相談」したりすることが可能になっています。そのためより患者様それぞれに合った美しい口元を作ることが可能になっています。

歯科技工室

当院3階に歯科技工室は設置されております。技工机はドイツKAVO製の歯科技工専用の机です。

技工室の案内

設置機器

真空攪拌装置

石膏模型を製作するさいには、当院では必ず真空攪拌装置を使用しています。そのため気泡のない精密な模型製作が可能となっております。精密な模型を利用することでよりフィット感が高く、詰め物の隙間からのむし歯の発生を抑えることにつながります。

吸引鋳造装置

image%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%a0
銀歯を作成する際には、最初にワックスを使用して形を作ります。ワックスを埋没して、金属に置き換えることを鋳造といいます。鋳造の際に当院では最新式の吸引鋳造装置(キャスコム)を使用します。

セレックシステム

デジタル技工にも力を入れており、模型をスキャンし画面上で設計を行い、セラミックブロックを削り歯を作り出すセレックシステムを導入しております。

ストローマンケアーズシステム

最新新世代技術を使用した高精度スキャンを行い、インプラントの上部構造などを製作する装置です。Straumann社のミリングセンターへデータを送り、世界基準の精度を持つミリングマシンで精密な冠を製作します

高精度マウスピース製作

ドイツ製「エルコプレス」はナイトガード、マウスガード、スプリントなどの製作を行えるマウスピース製作装置です。適合の良い外れにくいマウスピース製作が可能です。

自由診療や、金属修復などは当院では5か所の技工所に外注しております。