歯科治療の分類

歯医者さんの世界では、お口の中の治療の種類(科目)を4つに分類します。

  • 一般歯科
  • 矯正歯科=歯並びなどを直す
  • 小児歯科=子供の歯の治療
  • 歯科口腔外科=親知らずの治療やオペ・顎口腔領域の外科処置

一般歯科とは?

一般歯科とは一般歯科は患者が歯科医院で受ける治療です。小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの特殊な歯の治療以外の虫歯治療や歯周病の治療、義歯の作成などをいいます。

  • むし歯治療:充填治療、補綴治療、根管治療、予防充填
  • 歯周病治療:スケーリング、SRP、フラップ手術
  • 義歯作成:全部床義歯、部分床義歯など

 

当院の一般歯科治療の特徴

当院では、一方的に治療をするのではなく、患者さん目線で分かりやすく、選べる治療を心がけます。基本的に保険診療を前提にご説明、治療をします。

 

むし歯治療

歯科医院に通院される理由で最も多いのが、この「虫歯」です。

むし歯を自分で発見するには?

以上のような症状がありましたら、もしかしたらその歯は虫歯になっているのかもしれません。

  • 歯の表面の溝が黒くなる、欠けたり、穴があいている
  • 水や甘いものがしみる。または温かいものがしみる
  • 歯が一部白くなって磨いても落ちない
  • 舌でさわると引っかかった感じがする
  • 食べ物が同じ場所にひっかかる

早期治療や予防をおすすめします

「歯は削れば削るほど悪くなる」ということをご存知でしょうか?

風邪を引いて内科にかかってお薬をもらうと、風邪は完全に治ります。では虫歯になって歯医者に行くと、削って詰め物をすることにより治療を行いますが、これで本当に治っている(元の状態に戻っている)のでしょうか?削ったところに別な異物を詰めているのではないでしょうか?歯は元に戻るということはありません。そして大きく削った部分は、また悪くなることが多いのです。

当院でもほかの歯科医院で治したところがとれたから治してほしい、ほかの歯科医院で治療したところが痛くなったから下手なのじゃないかなどという相談をよく寄せられます。
これはごくごく稀には技術的な問題がある場合もあるかもしれませんが、基本的には治した(削った)から悪くなるのです。そのため、虫歯は絶対に自然に治らないので、小さいうちに治してしまうことが長期的にご自身の歯を残すことにつながるということを皆様にぜひ覚えておいていただけたら嬉しいです。

虫歯の原因とは?

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)は糖分やタンパク質を分解します。これが虫歯の原因です。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯を作ります。歯みがきをしていなかったり、甘いものをたくさん食べているのに虫歯がない人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。歯質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。

充填治療

goldinlay小さな虫歯を取り除き、金属や白い詰め物でその穴を詰めてふさぐ治療を充填治療といいます。

補綴治療

br1補綴治療とは、主に歯が虫歯などで大きく欠損した場合にその歯の代わりをする人工の歯を作って入れる(噛めるように補う)治療の事を指します。

歯冠(歯の頭の部分)が虫歯などで崩壊して噛めなくなった歯に対して、残りの歯(歯の根)に人工の歯をかぶせて元の形に回復して、噛めるようにする事も補綴治療の範囲です。

歯内治療

c32歯の内部まで虫歯の菌が侵入した場合に、その菌を除菌し補綴治療が可能なようにすることを歯内治療といいます。

歯内治療を行うことにより従来抜歯対象だった歯も残せるようになってきました。

歯周病治療

0367031004歯を支える歯ぐきの病気です。原因は歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットに細菌が多数繁殖することによります。近年では糖尿病や動脈硬化、低体重児出産に関与していることが分かってきています。当院では歯科衛生士向けの研修会を随時開催しております。そしてなるべく痛くない歯石の除去の方法などを訓練しております。

入れ歯治療

人間の歯は身体と同じく年齢と共に老化し機能が衰え、最後には抜け落ちてしまいます。また年齢が若く健康体でも虫歯や歯周病にかかり、それが原因で歯が抜け落ちる事もあります。

歯が1・2本抜けたままでも不自由な生活になることはありません。しかし、実は歯が1本でも抜けるとバランスが崩れ、歯同士の支えがないので傷みやすくなり、別の歯も病気なってしまう可能性がでてきます。食生活も歯応えを感じることが弱くなり、食物の味が不味くなります。

失ってしまった歯の機能を補う治療法は、顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療、となりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着するブリッジ治療、そしてもっともポピュラーな入れ歯治療のおもに3種類です。