歯ぎしり・食いしばりについて

こんにちは。
秋川駅から徒歩5分のところにあるきらら歯科の衛生士田嶋です。
桜も綺麗に咲いていて暖かい日が増えてきました。

今回は歯ぎしり・食いしばりについてお話させてください。


歯ぎしり・食いしばりの主な原因考えられているのは、以下の4つです。

1.ストレス

2.生活習慣

3.噛み合わせ、骨格

4.子供特有のもの

原因として、圧倒的大多数がストレスです。

そのため、本当の意味で歯ぎしり・食いしばりを治すには、日頃のストレスを取り除く必要があります。

しかし現実問題として、毎日生活からストレスを全て取り除く事は不可能です。
なので、ストレスの問題はひとまず横に置いておいて、歯ぎしり・食いしばりを治そうとします。
しかし、考えなしに歯ぎしり・食いしばりを治そうとすると、別の大きな問題が発生するかもしれないのです。
歯ぎしり、食いしばりをすることでストレスを発散しているので、治療するこまとで、ストレスが原因となる他の病気になってしまう可能性があるからです。
歯ぎしり・食いしばりは、人間がストレスをコントロールするための一つの方法です。
無理に完全に治すのはあまり良くないのです。
そこで、ナイトガードによって歯ぎしり・食いしばりの悪影響を緩和するという方法をおすすめします。

もし家族で歯ぎしりをしている人がいるのなら、「うるさいなあ」と思うのではなく、「何かストレスがあるのかな?」と考えて、次の日の朝に優しい言葉をかけるとともに、歯医者に行ってみるよう勧めてみてください。

優しい言葉をかけてもらえば、抱えているストレスが少し軽くなるかもしれません。

歯医者でナイトガードを作れば顎や歯の負担を減すことが出来、大きな音を立てずに睡眠中の歯ぎしり・食いしばりによるストレス解消することができます。朝起きたときの顎が痛いということも減ると思います。

ご質問、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。