こんにちは。歯科衛生士の田嶋です。

とても寒い日が続いていますが皆さまご体調など崩されたりしていないでしょうか。

皆さま歯茎が腫れたことはありますか?

歯茎が腫れるというのは、痛みの他に、咬みあわせる場合に違和感を生じたり、とても辛く、耐え難いものです。

今回は、歯茎が腫れる原因の代表的な3つについてお話したいと思います。

1歯周病

まずとても多い歯茎の病気の代表、歯周病です。 歯茎は引き締まった状態が理想的ですが、歯周病が悪化した場合、歯周ポケットが深くなり、歯茎が腫れた状態になります。 歯茎の腫れにより、歯周ポケット内にプラークが残りやすくなるため、口腔衛生状態が悪化し、歯周病が悪化しやすくなってしまいます。 毎日の歯磨き時にお口の状態を確認する習慣をつけてみてください。 歯と歯の間の歯間乳頭が腫れていることや、歯茎が依然と比べて赤くなっていることなどに、ご自身でも早口気が付きやすくなります。

2 根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは、歯の根っこの先に膿が溜まった状態です。原因は、虫歯や歯周病によって起こり、歯の神経は死んでしまいます。 根尖性歯周炎になった場合、歯の根っこの先端が位置するあたりが、何となく腫れている、触ると違和感があるといった症状がある場合があります。 その腫れの中には、菌が感染した結果、膿がたまっています。そのため、時間がたつ歯茎に小さなにきびのような穴が開き膿を出します。膿が出ると痛みが和らぎます。

3.智歯周囲炎

体調が悪い時や、お仕事が忙しい時や、飲み会で歯磨きを十分に行わずに寝てしまった際などに、一番奥に生えている親知らず(智歯)の周囲が腫れる場合があります。

顎の大きさによって、親知らずが、お口の中でまっすぐに生えることができない事があります。その場合、歯の頭を横にして、前の歯を押すように、半分歯茎の下に隠れた状態で生えていることが多いです。 このような場合、歯茎が被った部分の清掃が難しいため、汚れがたまりやすく、周囲の歯周ポケットが深くなりやすいです。そのため、炎症を起こしやすく、顎の下あたりまで腫れて強い痛みを生じ、お口を開けるのが大変になり食べ物や唾液を飲み込むことが難しくなることがあります。

歯茎のブクブクとした腫れは、とても不快な症状です。

多くは歯周病によるものですが、その他にも原因が潜んでいることがあります。 歯周病対策として定期的にお口のクリーニングを行い、健康なお口の中を保つお手伝いをさせていただければと思います。 なんかございましたらお気軽にお問い合わせください。