きらら歯科の小児歯科治療

当院では、小児歯科治療に力を入れております。子供は小さな大人とは違います。

小児は口や歯が小さいだけではありません。子供の体は大人を小さくしただけはないのです。まず、子供は成長しています。中でも歯は、生まれた時には何も生えておらず、それから乳歯が生え、それが永久歯に代わります。成長する子供の体の中で口腔内は特に変化の大きな部分と言って良いでしょう。

また、子供の口の中はとてもデリケートです。乳歯は歯の質が大人の永久歯と比べて硬くないため、虫歯になりやすい性質があります。
「乳歯はどうせ永久歯に生え変わるから」と言って、あまりお子さんの歯に注意を払わない親御さんもいらっしゃいますが、乳歯の状態は、永久歯が生えるためにとても大切です。

当院周辺には保育園や幼稚園が近いこともあり、急な怪我や虫歯治療、矯正治療、定期検診などでお子さまの患者さまも多くいらっしゃいます。お子さまの治療においては、歯科医院に小さい頃から通うという習慣づけが大切です。


最初は親御さまと一緒に来ていただいて診療室に座るところから開始していき、お口を開けることが怖くないと理解していただいてから治療を開始していくという流れを取っているので、安心してお任せください。

af0150023011m

小児のフッ素塗布

高濃度のフッ素をお子様の歯に塗布することにより、虫歯になりにくい歯を作ります。

歯科医院で塗布するフッ素は歯磨き粉に含まれるフッ素よりも高濃度なため極めて虫歯予防に効果的です。

虫歯治療や歯肉炎治療のために通院中のかたは希望があれば無料で塗布させて頂いております。

また全くお口の中に問題がなく予防的にフッ素塗布を行う場合500円(税込)頂いております。

きらら歯科ではフッ素は多数の種類を揃えているため、お子様の味の好き嫌いに対応可能です。

青りんご味、バナナ味など

fluorozeri

*ご自宅の歯磨きでもフッ素含有の歯磨剤をしようされると相乗効果で極めて効果的です。

当院の小児歯科治療

小児歯科治療での当院のメリット

小児歯科治療で当院に通院するメリットについてご説明

シーラント治療

奥歯の歯の噛む面の溝にプラスチックのようなものを埋めることにより、歯の溝の部分に出来る虫歯を予防する処置です。

小児のブラッシング指導

お子様本人やご両親に歯の磨き方や歯ブラシの使用法、歯ブラシの選択についてご指導させていただいております。

学校の歯科検診について

学校の歯科検診では診察の限界があるのです

乳歯がまだぬけないのに永久歯が生えてきた場合

乳歯がまだぬけないのに永久歯が生えてきた場合の対応についてご説明

小児の抜歯について

場合によっては健康の維持増進のために抜歯をしなくてはならないのです。

要観察歯(CO)とは 

直ちに治療をする必要はありませんが、学校や家庭における適切な口腔保健指導が不可欠です。

小児の口内炎について

口内炎は痛みを伴い、3日から1週間ほどその症状が続きます。

子供の歯の脱臼について

歯が折れたり、欠けたり、抜けたりした場合の歯の再植術も行なっております。

子供のはぎしりについて

子どもの歯ぎしりには、心配ないものと、そうでないものがあります。