X線室漏洩放射線量測定検査を行いました

こんにちは。
東京都あきる野市にあります、きらら歯科の歯科衛生士福谷です。

先日業者さんに来ていただきX線室漏洩放射線量測定を行いました。

X線診療室内ではこのようなことが起こっています。

エックス線は過剰に浴びると人体に影響が出る可能性があるため、エックス線が外部に漏れないようにレントゲン室やエックス線診療室の内壁には鉛などで特殊な施工(放射線防護)を使う必要があります。

当院でも防護として鉛のエプロンの装着していただいております。

測定は6カ月ごと年2回の実施が義務付けられています。

当院ではしっかりと6ヶ月ごと年2回測定を行っておりますので安心して通っていただけたらと思います。

これからもきらら歯科は患者様第一で診療してまいりますのでよろしくお願い致します。