歯ぎしりについて

歯ぎしりについて

皆さんこんにちは。

本日は歯ぎしりについてお話いたします。

歯ぎしりが引き起こすトラブル

知覚過敏、顎関節症、肩こり、頭痛、腰痛、目眩、耳鳴りなど顔の周りだけでなく全身にトラブルが起きることもあります。

寝ている間などに起こる歯ぎしりは自覚しにくく家族などから言われて気づく人がたくさんいます。

 

歯ぎしりしているかセルフチェック

  • 朝起きた時歯が痛い
  • 朝起きた時顎に痛みがあったり、疲れがある
  • 頭痛や肩こりがある
  • 歯が欠けたり割れたりしたことがある
  • 頬の内側に噛み跡がある
  • 歯ぎしりの主な原因はストレスからくるもの
  • あとは噛み合わせが悪い人なども歯ぎしりが起きやすいと言われています

 

解消方法

ナイトガード

型をとって作ったナイトガード(マウスピース)を寝る時に付け寝ている間の歯ぎしりから歯や顎を守る方法です

歯がすり減ったり欠けたりするのを防ぎます

 

補綴治療

詰め物・被せ物が高過ぎてぶつかっている場合それを調整・交換する治療です。

矯正治療

歯並びを整えることで噛み合わせを改善し、歯ぎしりを軽減できることもあります

ストレス管理

運動やストレッチ、好きなことをするなどでストレスを減らしていく

歯や顎に影響が出ないよう出来ることから対策をしていきましょう!

きらら歯科では年中無休で診療を行っております。

気になる事やお困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。