むし歯になりやすい時期があることをご存知ですか?

こんにちは。

あきる野きらら歯科の衛生士髙田です。

本日は虫歯になりやすい時期についてお話していきます。

乳歯が生えるころ

永久歯が生えるころ

思春期

高齢期

 

この時期に虫歯になりやすいと言われています。

 

 

 

乳歯が生えるころ離乳食や食事の回数も増えてきますので、注意が必要です。

また乳歯は歯の構造的に永久歯と比べて虫歯になりやすくなっています

 

 

永久歯が生える頃は、特に歳ごろに生えてくる第一大臼歯といわれる歯に注意が必要です。

第一大臼歯は噛み合わせの面が複雑な形をしているので、磨き残しが多く虫歯になる可能性が高いです。

 

思春期は、永久歯がほぼ生えそろい歯自体が強くなってきている時期ではありますが、生活習慣が乱れたり、部活や勉強で

食事の時間が不規則になることが多くなります。

 

高齢期は、加齢によって歯茎が下がってきてしまいます

下がったところから、歯の根っこが出てきてしまうと、この部分はとても虫歯になりやすいので注意が必要です。

 

虫歯になりやすい時期や、気を付ける歯は年齢とともに変わってきます。

時期に当てはまる方は注意しましょう!

そして定期的に検診を受けることをおすすめしますtooth