災害時の口腔ケアについて

こんにちは。
あきる野市秋川駅より徒歩5分のところにありますきらら歯科で歯科衛生士をしております間部です。

日本は地震や台風、豪雨など自然災害の多い国です。

今回は、もし自分が被災し、避難生活を送らなければならなくなったとき、必要な口腔ケアケアグッズについてお話します。

慣れない避難生活では、そのストレスから抵抗力が弱まり、虫歯や歯周病が悪化しやすいです。

特に高齢の方は、口の中の汚れが原因で誤嚥性肺炎にかかり易くなる恐れもあります。

非常時の口腔ケア方法

○水がない、歯ブラシがない場合

・キシリトール入りシュガーレスガムを噛むことにより、唾液を出し口の中を綺麗にできます。
・口の体操、舌の体操、耳の下や顎の下をマッサージすることにより、唾液が出やすくなり汚れを流してくれます。
・マウスウォッシュで口をすすぐ。

○歯ブラシがある場合

・コップを2つ準備し少量の水を入れます。1つのコップで歯ブラシを塗らして磨き、汚れたらコップの水ですすぎます。最後に、もう1つのコップの水で口をすすぎます。
・災害時、水は貴重です。チューブの歯磨き剤ではなく、液体のマウスウォッシュを準備しておくと便利です。

○入れ歯の手入れ

・ウェットティッシュで汚れを取る
・入れ歯洗浄剤を使う

部分入れ歯(保険)

備えておきたい口腔ケアグッズ

・歯ブラシ
・ウェットティッシュ
・液体マウスウォッシュ
・キシリトール入りシュガーレスガム
・入れ歯洗浄剤
・コップ

防災グッズを備えている方も多くいらっしゃると思います。

是非、口腔ケアグッズも備えておきましょう。

非常時に困らない為にも、日頃の口腔ケアがとても大事です。

きらら歯科では痛みの少ないクリーニングを行っております。
どうぞお気軽にご相談下さい。