こんにちは。
あきる野市にありますきらら歯科、歯科衛生士の田嶋です。
寒い日が続いていますが皆様いかがおすごしでしょうか。
今回は口内炎についてお話させて頂きたいと思います。
風邪の時は口内炎が出来やすいです。
口内炎の原因やオススメの食べ物をご紹介します。

風邪の時は口内炎が出来やすい理由は…

体の疲れやストレスなどで体の免疫力は落ちると言われています。

免疫が下がっていると、風邪などの感染症にかかることもあります。

口内炎も同様で、もともと口腔内は大腸の次に細菌の多い場所です。

また食事をとるときに咀嚼するため、間違えて頬や舌をかんでしまったりすることがあり、炎症を起こしやすい場所です。

免疫が低下することによって、粘膜傷害や感染などで炎症を起こし、口内炎になってしまいます。

このような体の状態から、風邪の時は口内炎を併発しやすいと言われています。

早く治す為には…

栄養バランスの良い食事やビタミンを多めに摂り、体を休める必要があります。

睡眠時も必ずアライナーを装着してください

この時にしっかり体を休めないとさらに体にストレスがかかり、風邪も口内炎も悪化してしまいます。

風邪や口内炎で食欲がないときには、口当たりの良いものを食べるようにしてみてください。

また、口内炎には

・ビタミンB2(海苔、卵、鮭、納豆)

・ビタミンB6(マグロ、レバー、肉類)

を多く含む食材がお薦めです。 おかゆに海苔や卵を混ぜ口内炎に良い栄養もプラスしましょう。

風邪の時でも食べやすいバナナには、ビタミンB6が含まれています。ぜひ活用してみて下さい。