歯ブラシの長期使用はむし歯や歯周病の原因になる

こんんちは。

あきる野市秋川駅より徒歩5分のところになりますきらら歯科で歯科衛生士をしております鷲巣です。

今日は歯ブラシと歯周病についてお話いたします。

古い歯ブラシを使い続けるとむし歯や口臭、歯周病の原因になることをご存知でしょうか。

では歯ブラシを長期使用するとどんなデメリットがあるのでしょう

①歯垢(汚れ)をしっかり落とせなくなってしまう。

②歯や歯ぐきを傷つけてしまう。

③口臭、歯周病の原因になってしまう。

長く使っていくうちに、歯ブラシの毛先が広がり、当てたい部分に当たらなかったり、逆に当てるつもりのない部分に当たってしまうことで、むし歯や外傷の原因になります。

また、バクテリアが繁殖するため、口臭や歯周病の原因になることもあります。

☆1、2ヶ月に1回のペースで交換しましょう☆

また、使用後の歯ブラシは十分にすすぎ、しっかり乾燥させてください。

こうした日々の取り組みでお口のトラブルはかなり減りますので、ぜひお試しください。