親知らずについて

こんにちは。
東京都あきる野市にありますきらら歯科の榎本です。

今回は親知らずについてお話ししたいと思います。

親知らずとは

まず親知らずとは大人の歯の1番後ろに生えてくる歯のことです。
必ずしもあるわけではなく、先天的にない方や4本揃ってない方もいます。
親知らずは痛いや抜いたという話も多いため自分も抜かなければと思う方も多いかもしれませんが、抜かなくてもいい親知らずもあります。

抜いた方がいい親知らず

親知らずが斜めや横向きに映えている
親知らずが斜めや横向きに生えていると汚れ が溜まりやすい部分ができて虫歯や歯周病の原因となります。また親知らずが隣の歯を押すことで、歯並びが悪くなったり歯が弱くなったりしてしまう可能性もあります。
痛みや腫れが出ている場合

虫歯や歯周病が原因で痛みや腫れが出てしまうことがあります。細菌が歯磨きのしずらい親知らずのところに溜まり智歯歯周炎という炎症を起こすこともあります。(智歯=親知らず)

抜かなくても良い親知らず

綺麗に生えていてはとして機能している

きれいに親知らずが生えていて、噛み合わせなどに問題ない場合抜歯する必要はありません。

完全に埋まっている場合
親知らずが完全に歯茎に埋まっていたり、1部だけ出ているが痛みなど問題がない場合、抜歯を行わず大丈夫な場合が多いです。

親知らずにもいろいろなケースがあり、抜いた方がいい場合やそのままの方が良い場合とございます。なにかお悩みや気になることがあればご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました