定期的なお口の管理

こんにちは。
あきる野市にありますきらら歯科の歯科衛生士平野です。
本日は定期的なお口の管理の大切さについてお話ししたいと思います。


学校や仕事場で定期的に健康診断は受けていても、歯科検診を定期的に受けている方は意外と少ないかと思います。
「歯医者は歯が痛くなったらいくところ」と思いがちですが、実は痛くなくても定期検診を受けることで歯石除去、虫歯の早期発見、歯周病の進行予防が出来、将来残せる歯の本数が大きく変わってきます。

①歯石除去
歯に歯石がついたままになると口臭・虫歯・歯周病を進行させていきます。歯石を除去することで、それらを予防することができます。


②虫歯の早期発見
虫歯は痛みがない場合でも歯と歯の間・噛む面・根本・被せ物の下など目に見えない所をレントゲン写真から見て発見する場合があります。定期的な検診で小さい虫歯に抑えることが出来ます。


③歯周病進行予防
定期検診では歯茎の検査をしています。歯周ポケットの深さや出血の有無•歯茎の腫れ•歯の動揺などをチェックし歯周病の進行を予防します。



健康維持するためには定期健診は欠かせません。
「最近歯医者にいっていないな」とお思いの方、歯が痛くなる前にぜひ当院へお越しください。

きらら歯科では痛みのない治療、クリーニングを行っております。
お口のことでお困りの事があればご相談ください。