あきる野市きらら歯科|インビザラインのメリットとデメリット

メリット

矯正していることが分かりにくい

薄く透明な見えにくいマウスピースです。ワイヤーの矯正とは違い目立ちません。装着した際には通常よりも歯に光沢が出ますが、違和感が出るほどではありません。

また、よく見れば、マウスピースをつけていることは分かりますが、面と向かって話していても、人は相手の歯をそれほどよくは見ていないため、人から気付かれることはほとんどありません。

食事制限がない

インビザラインとは、自分の歯の形に合った透明のマウスピースを使用する矯正方法です。そのため食事をする際にはマウスピースを取り外すことができるので、食事制限はなく、歯磨きも容易なので常に口内を清潔に保つことができます。

衛生的である

インビザライン矯正は、患者様自身でマウスピースの取り外しが可能。普段どおりに歯磨きが行えます。 また、取り外したマウスピースを洗うこともできます。

歯、装置ともに清潔感を保ち衛生面も問題ありません。

痛みが少ない

ワイヤー矯正より痛みも少ないです

しゃべりやすい

厚さ約0.5mmのマウスピースは、裏側矯正のような厚みや、デコボコした部分がないため、しゃべりづらさや発音障害がほとんどありません。

治療計画が明確である

デメリット

自己管理が必要

睡眠時も必ずアライナーを装着してください

適用できない症例がある

タイトルとURLをコピーしました