消毒材料コーナー

2か所の消毒滅菌コーナーがあり、片方が故障などのトラブルがあっても診療に影響が出ない体制をとっており安心して通院できます

IMG_1986

歯の根の治療に使用する「リーマー」「ファイル」なども大量の在庫を保有しています。

IMG_9063

歯の治療に使用する「ハンドピース」は内部まで注油洗浄を行って、その後滅菌を行います。

IMG_8896

IMG_8967

IMG_9007

高温を使用した自動洗浄機を使用します

きらら歯科ではスタッフによってむらが出る可能性のある器具の手洗い洗浄は行っておりません。

全ての使用した器具は、一度ドイツ製のミーレジェットウォッシャーという自動洗浄機に入れ、高温と強い水流により洗浄を行います。高圧洗浄により今までは洗浄できなかった複雑な構造の器具も徹底的に洗浄し、最終工程では除菌も行っています。

機械が自動的に洗浄を行うので、優れた洗浄効果を得る事ができるだけでなく、洗浄効果を標準化する事が可能になります。さらに、洗浄に従事する人が手指を傷つけるといったリスクも大きく軽減されます。

IMG_8924

ミーレ ジェットウォッシャー(熱水消毒器)

落ちにくい血液や唾液等のタンパク質汚れもしっかり洗浄

ミーレジェットウォッシャーは、消毒・滅菌の世界基準である「ISO15883」に規定された「93度+5分間」という条件をクリアした、歯科治療で使用した器具の洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を自動的に行う熱水消毒器です。

ミーレジェットウォッシャー

感染の原因となる血液や唾液などのたんぱく質の汚れを落とすだけでなく、93℃の熱水ですすぎを行うため、高レベルな熱湯消毒が可能です。高い水圧と徹底した温度管理による洗浄で、感染リスクを軽減します。

  • たんぱく質をしっかり除去し、感染リスクを軽減
  • 複雑な機器の外部だけでなく、内部もすっきり洗浄
  • 高性能フィルターを通した清潔な空気で温風乾燥

【特徴1】高い水圧と徹底した温度管理

55℃以上の高温になると、感染の原因となる血液や唾液といったたんぱく質は凝固してしまいます。ミーレのジェットウォッシャーは、たんぱく質が凝固しないように、まず冷水から予備洗浄をおこない、高い水圧で確実にたんぱく質の汚れを落とします。そして、最後のすすぎで水温を93℃まで上昇させて5分間の消毒を行います。

【特徴2】第三者研究機関による裏付け

ミーレのジェットウォッシャーは洗浄・消毒・滅菌に関して、ISO15883で規定された消毒条件(93℃、5分間)を満たしています。また、第三者研究機関によって多数の微生物試験が行われており、高い消毒効果が認められています。

IMG_8947

ミーレジェットウォッシャーによる洗浄後は、クラスBオートクレーブDACプロフェッショナルによる高圧蒸気滅菌を行います。

この「ミーレ」と「クラスB」の機器を組み合わせることで優れた洗浄滅菌システムを構築しております。

世界水準の滅菌器クラスBオートクレーブを導入しています

歯科治療では出血や唾液などの器具への付着は避けられません。そのため使用された器具の滅菌が必ず必要になります。

今でも多くの日本の歯科医院で使用されている滅菌装置は、蒸気を送り込み高圧状態を作り出し121℃で殺菌滅菌する重力置換オートクレーブというものです。

しかしヨーロッパ諸国を中心に世界基準と言われているのはクラスBと呼ばれる滅菌器です。

きらら歯科ではヨーロッパ基準のクラスB高圧蒸気滅菌機「DACプロフェッショナル」を2台所有しております。

個別に滅菌パックしたのち高圧蒸気滅菌を行います。

ミーレジェットウォッシャー

DACプロフェッショナルはクラスBオートクレーブといいプリオンなども含め死滅させます。クラスBオートクレーブとは、ヨーロッパの基準EN13060に準じたオートクレーブのことを表します。

このEN13060とは「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる」ということを意味しております。

DACDAC2

 

ハンドピースの滅菌におけるクラスの違い

クラスNオートクレーブだと、タービンなどの中空の器具内部に残留空気が存在し高圧蒸気の浸透を邪魔してしまいます。しかしクラスBタイプのオートクレーブだと残留空気を抜き真空にしながら滅菌するため内部まで完全に滅菌することができます。

2016年01月22日07時54分15秒_002