小児歯科治療の問題点

従来より、小児歯科治療の問題点として以下のようなことがたびたびありました。

  • 治したところが再度虫歯になる
  • 小児の場合は詰めたところが外れやすい

なぜなら

  • 乳歯は水分量が多く詰め物の接着力がそれほど発揮できない。
  • 乳歯は小さいため接着面積を取ることができず、詰め物が外れやすい。
  • 小児は唾液の量が多く詰め物をする際に乾燥が難しい。
  • 小児はじっと治療を受けることが難しいため、詰める操作を完璧に行うことが出来ない。
  • プラークコントロール(歯磨き)が大人より悪いため虫歯に再度なりやすい。

グラスアイオノマーセメントを利用しています

当院では、むし歯の進行を抑制し、歯を強化する効果の高いグラスアイオノマーセメント(GIC)を症例に応じて使用し、ただ埋めるだけでなく歯にやさしい再発の少ない治療を心がけています。

  • 虫歯が多発している小児患者
  • 隣接面う蝕でCR充填が難しい場合や再発が予測される場合

  • グラスアイオノマーセメントはフッ素徐放性が有るため虫歯予防効果がある
  • 充填操作を素早く行うことができ、小児の唾液の影響をさほど受けずに治療が終わる