健康な歯茎について

こんにちは。
あきる野市秋川にありますきらら歯科、歯科衛生士の會田です。
今回は健康な歯茎についてお話しさせていただきます。

歯茎の状態はずっと同じではなく、
その時の口腔内の環境によって変化します。
そこで、健康な歯茎の特徴をご紹介したいと思います。
ぜひ鏡でご自分の歯茎の状態を確認してみてください。

 

1.歯茎が引き締まっていること

歯茎がブヨブヨしていて丸みを帯びている場合は炎症がおきている証拠です。
歯茎が引き締まっている状態が健康です。

2.歯茎の色が淡いピンク色であること

歯茎に炎症がおきると、本来の淡いピンク色から赤みを帯びた色に変化します。
さらに、タバコなどによるメラニン色素沈着により茶色がかった色にもなります。

3.スティップリングがあること

スティップリングとは、健康な歯茎に現れるみかんの皮に似た小さなくぼみのようなものです。
炎症があると、このスティップリングは消失します。

4.歯と歯の間の歯茎が三角形になっていること

健康な歯茎は先端が尖っていてきれいな三角形をしています。

5.歯磨きの時に出血しないこと

歯磨きの時に出血するようであれば、炎症が起きている証拠です。
もし、出血した際には血が出たからといって歯磨きをやめることはせずに、そのまま無理のない範囲で歯磨きを続けましょう。
丁寧な歯磨きを継続することで、出血が減り健康な歯茎に改善されていきます。

歯茎に炎症がおきる原因は、多くが磨き残しです。
毎日しっかり歯磨きを行うことで健康な歯茎を保つことができます。
また、定期的な歯科医院でのクリーニングもとても大切となっていきます。

きらら歯科では痛みの少ないクリーニングを心がけて診療しております。

気になる事やお困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。