こんにちは!歯科衛生士の神尾です!!
今回は予防歯科についてお話したいと思います。
 
「予防歯科」とは
むし歯などにかかってからの「治療」ではなく、「かかる前」の「予防」を大切にする考え方です。
歯科医院などでの定期的な健診などを通じて「プロケア(プロフェッショナルケア)」を受けること、歯科専門家の指導に基づいて自分自身で行う「セルフケア」の両方で積極的に健康な歯を守ることが大切です。
 

 
1.「フッ素」を口の中に残す
歯質の強化を促進する「フッ素を口の中に残す」ことが大切です。フッ素配合の歯磨き粉を使い、すすぎは1回程度に留めておくのがおすすめの使用方法です。
 



2.「歯垢」を残さず落とす
「歯垢などの汚れを残さず落とす」ことも大切です。歯垢がつきやすい歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯のかみ合わせは、歯磨きの基本を意識しながら特にていねいに磨きましょう。歯並びの悪いところ、生え替わり途中など背の低い歯、奥歯の1番後ろなどの磨きにくい箇所は、お口の状態にあわせて歯ブラシのあて方を工夫して磨きましょう。
また、歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくく歯垢が残りやすいので、歯間清掃具の使用が欠かせません。歯ブラシに加えてデンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。
  


3.「菌」の増殖をおさえる
むし歯や歯周病の原因になる「菌の増殖をおさえる」ことも大切です。殺菌剤入りの洗口剤(デンタルリンス)が効果的です。特に寝ている間は、唾液の分泌が減少し菌が増えやすくなるので、就寝前の使用がおすすめです。

 
生涯にわたる健全な口腔内維持のために、国も「治療」から「予防」に視点を向けた取り組みを強化する動きが活発になっています。
今後さらに「予防」への意識が高まると思われます。
生涯にわたり健康なお口を保つには、「プロケア」と「セルフケア」が大切です。定期的に歯科医院を受診するとともに、歯科医院での指導に基づく毎日のセルフケアを心がけましょう。

きらら歯科では年末年始も診療を行っております。
普段忙しくて検診に行けない方、急な歯のお痛みなどございましたらお気軽にご連絡ください。