きらら歯科(以下「当院」という)は、健全な職場環境を守るため、ハラスメントの防止と撲滅に取り組んでいます。

職場におけるハラスメントは、労働者個人としての尊厳を不当に傷つけ、心身の健康の悪化にもつながりかねない社会的に許されない行為です。また、社員の能力発揮を妨げ、会社にとっても職場秩序の乱れや生産性の低下を招き、社会的評価に悪影響を与える問題です。

当院は、差別的な言動やハラスメント行為、暴力行為など個人の尊厳を損なう行為を許しません。すべての個人が尊重され、互いの信頼のもとに良好な人間関係を構築し、活気ある職場を目指します。

  1.  当院は下記のハラスメント行為を容認しません。
    1.  パワーハラスメントに類する行為
    2.  セクシュアルハラスメントに類する行為
    3. 妊娠・出産、育児・介護に関するハラスメント行為
    4. その他のハラスメント行為(精神的な嫌がらせ、差別的発言など)
  2. この取り組みは、当院社員のみならず、当院に関係するすべての方を対象とし、全ての関係者が、互いの信頼の下、良好な人間関係を構築できることを目指します。
  3. 当院の社員・準社員・アルバイトがハラスメントを行った場合、就業規則に基づき懲戒処分を含めて厳正に対応します。 また、行為者の異動等、被害者の労働条件および就業環境を改善するために必要な措置を講じます。
  4. 職場におけるハラスメントに関する相談に対応するため、専門に相談を受け付ける窓口「コンプライアンス委員会」を設置し、解決に向けたサポートを行います。相談者はもちろんのこと、事実関係の確認に協力した方々についてもプライバシーを厳守し、不利益な取扱いは行いません。
  5. 相談を受けた場合には、事実関係を迅速かつ正確に確認し、事実が確認できた場合には被害者に対する配慮のための措置および行為者に対する措置を講じます。また、再発防止を講じる等適切に対処します。

 

きらら歯科
院長 渡部 和則