なるべく抜かないちりょうのために

当院では必要以上に歯を削らないように徹底してこだわっております。

光学式虫歯測定器 ダイアグノデントペン

きらら歯科では、早期発見早期予防・早期発見早期治療をおすすめしています。その際に必要なのが「治療の必要な虫歯」なのか「虫歯でない」のかの鑑別診断です。従来の歯科治療は歯科医師の職人としての経験による「かん」で治療を行っていましたが、当院では「かん」に頼らない最新型の虫歯判別装置ダイアグノデントペンを設置しております。

dp3ダイアグノデントペンは、歯面に655nm のレーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定しむし歯を検出します。視診やX線診断に加え歯質を数値で判断でき、適切な治療計画を立てられます。また光を当てるだけなので全く痛みがなく測定できる装置です。

ダイアグノデントの利点

  • レントゲン、肉眼で発見できない初期の虫歯を発見できる。
  • 先端がとがっている探針(たんしん)などの手用器具を用いた場合に起こる初期むし歯を破壊、悪化させる事がない。
  • 探針などのハンドインスツルメントでは発見できない中で広がっているしずく形状の溝の深い位置のむし歯も発見できる。
  • むし歯の経過を数値的に追えるため、経過観察中のむし歯の進行度合いが把握できる。

【従来型のX線診査も併用します】

きらら歯科では視診、触診、ダイアグノデント診断、必要に応じてX線検査を組み合わせることにより、

治療の必要のある虫歯かどうかを判断させて頂き、必要以上に削ることを防ぎかつ、治療の必要のある部位を早めに発見することにより、患者様の歯をしっかり守らせていただきます。

 

ダイアグノデントの仕組み

ダイアグノデントは、KAVO(カボ)というメーカーが販売しているレーザーで虫歯の診断を行う機械です。従来「探針」という先のとがった器具を使用して虫歯の診査を行っていました。しかしこの診査方法だと歯を痛めてしまったり、歯の内部で大きくなった深い虫歯の診査はできませんでした。ダイアグノデントペンは、歯に当てた赤色レーザー(まったく痛くもかゆくもありません)の反射光を読み取り、数値と音に置き換えることにより歯が虫歯になっていたりひびが入っていたりすると反応する装置です。

視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で初期虫歯を発見することができます。数値で25以上が表示されるようなら、積極的な治療介入「削ったりする」が必要とのことですが、機械の当て方などによっても数値の出方が違うため、きらら歯科では、あくまで他のレントゲン写真などの検査と合わせ診断を行っております。また安全なレーザー光を使用するため小さなお子様や妊娠中のかたにも安全に使用することができる装置です。ちなみにダイアグノデントペンは30万円以上するため保持している、歯科医院は多くありません。

dp2

ダイアグノデントペン数値と診断基準

0~13特に処置の必要はありません
14~25予防処置を実施することを勧めます

(エナメル質に限局した虫歯)

25以上保存修復治療(および予防処置)を実施することを勧めます

6歳臼歯などで生えたての歯は高く数値が出ますので、フッ素塗布やPMTC、シーラントなどをおすすめしております

(永久歯などでは象牙質まで到達した虫歯)