あきる野市のきらら歯科入れ歯治療

きらら歯科では、入れ歯治療に力を入れております。

義歯「入れ歯」について

歯科医療に携わっている歯科医師・歯科衛生士は「入れ歯」を「義歯」と呼びます。

af9940033875m

失われた足や手、眼を人工物で補う義足(ぎそく)や義手(ぎしゅ)、義眼(ぎがん)と同様に、義歯は自分の歯に代わる人工の歯を意味します。現在歯を失った場合には、少ない本数であれば、ブリッジなどの治療法でしっかりと噛めるように治すことが可能なのですが、どうしても4本以上の歯を同一部位で失った場合などには、ブリッジを入れることが出来なくなってしまいます。

そのため入れ歯あるいはインプラント以外の治療をおこなうことになります。確かにインプラントは治療法も現在では確立されており、良く噛むことができる治療法なのですが、高額なことと外科処置が必要になることから、すべての人が選択する治療法にはなっておりません。

当院でも約2~3割の方はインプラントを選ばれますが、残り約7割の患者様は入れ歯治療を選択されております。

入れ歯の費用芸能人と入れ歯
入れ歯安定剤入れ歯と年齢
入れ歯の医療費控除保険適用の入れ歯

義歯治療の価格

golddenture

titundenture

cocrdenture

noncrasp

pdhoken

保険診療の義歯も当院では作成しておりますので詳しくは担当医にお聞きください。

義歯の構造

歯ぐきをおおう部分は床(しょう)、人工の歯は人工歯(じんこうし)と呼ばれます。

義歯を支えるために歯に架ける構造体は維持装置と呼ばれ、数多くの種類がありますが、一般的な義歯には針金様の鈎(クラスプ)が用いられます。そのほかにOリング、ミリング、バー、マグネットなどの維持装置があります。

多数の症例を経験しております

あきる野市きらら歯科では月に50症例ほど(年間で600症例)の入れ歯治療を行っております。

そのため多数の症例を経験しているため、豊富な経験をもとに患者様の治療にあたらせていただきます。

今まで入れ歯でお困りだった方も一度ご相談にいらっしゃってください。

オーダーメイドの精密入れ歯

きらら歯科では、患者様それぞれにあったオーダーメイドの精密な入れ歯を作成することに力を入れています。

入れ歯は毎日使うものなので違和感が強いものは嫌だと思います。

患者様が入れ歯を使用する際に違和感が少なく、話しやすくまた食べ物を食べやすく使っていただくために極力小さく、そして薄く作るように努力しています。

「噛めればいい」だけでなく「ストレスの少ない快適な入れ歯」をめざし精密な入れ歯を作成するよう、歯科医師一同努力させていただきます。

  • 精密な入れ歯を作るために
    • きらら歯科では、精密な入れ歯を作るために、ほとんどの症例(保険の入れ歯・高額な入れ歯ともに)個人トレーという精度よく型をとるためのトレーを作らせていただいております。これは1回通院回数が増えてしまいますが、精度の高い型がない限り精密な入れ歯の作成は出来ないものと考えますので、大切な工程と考えております。
    • シリコン印象材を使用します。歯がぐらぐらしている症例などは寒天アルジネート連合印象を使ったりしますが、適合性がかなり求められる場合にはシリコン印象材という精度のとても高い印象材を使用します。
  • なるべく小さめ、薄目に作成します
    • きらら歯科では、患者様の快適な生活のために出来る限り薄い入れ歯を作成するようにしています。これには歯科技工所との提携がどうしても必要になります。当院ではそのような部分も反映してくださる歯科技工所と提携しております。

px0010034200m

上手な技工所と提携

入れ歯製作において大切なことは、歯科医師の技術もそうですが、上手な歯科技工士に製作を依頼するということが大切になります。

入れ歯治療の成功のための7割は歯科技工士の腕にかかっているといっても過言でありません。

きらら歯科では、2件の入れ歯製作を専門に行っているラボ(技工所)と提携しております。

今まで開院以来約10件の技工所と取引があり、現在最も上手と思われる2つのラボと提携しております。

36788