毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。クリーニングを行う事で、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。

「歯医者でのクリーニングは痛い」など良いイメージがないかたはいらっしゃいませんか。

きらら歯科のクリーニングは痛みに配慮し、最新の器具・材料を使用し「短時間で気持ちよくきれいに!!」を心がけて診療させていただいております。

当院の歯のクリーニングのお約束
  • 痛みの少ないクリーニング」
  • 隅々まできれいなクリーニング」
  • 気持ちの良いクリーニング」をお約束します。

歯のクリーニングとは

歯のクリーニングとは歯垢・歯石・着色を除去することです。

歯垢(プラーク)とは

歯垢(プラーク)は食べかすではなく細菌の塊です。約600種類の細菌が存在しており、1mgあたり1~2憶の細菌が存在しています。白っぽい色をしているため見た目ではわかりずらいですが舌で触るとザラザラした感触があります。ネバネバと粘着性が強いため、強くうがいをしても取ることができません。

歯石とは

歯垢(プラーク)が唾液に含まれるカルシウムなどによって石灰化し硬くなったものが歯石です。歯石には歯肉より上の歯面に付く「歯肉縁上歯石」と歯肉の中に付く「歯肉縁下歯石」があります。歯石の表面は凸凹しており細菌が付着し繁殖するのに絶好の環境です。歯石をそのまま放置していると歯肉に炎症が起こり、歯を支えている骨まで溶けてしまいます。歯石になってしまうと歯ブラシでは取ることができないため歯科医院でのクリーニングが必要になります。

着色とは

着色には歯の表面に色素が付着する外因性とお薬の副作用・虫歯処置などによる色の変化の内因性があります。クリーニングではタバコ・コーヒー・紅茶などによる歯の表面の着色をきれいにすることができます。      

当院の歯のクリーニングについて

当院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されています

当院は厚生労働省より「より専門的に予防のための定期管理(メインテナンス)を行うかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。

これは歯周疾患の重症化を予防し、歯の喪失リスクの低減を図る観点から、歯科医師が行う歯周基本治療等終了後の病状安定期にある患者に対する定期的・継続的な歯周病安定期治療による管理を評価する診療所のことをいいます。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に認定されると、1か月に一度~4か月に一度(歯の状況により異なります)保険診療でクリーニングを行うことが可能です。

国家資格を持つ歯科医師または歯科衛生士がクリーニングを行います

当院では無資格者の歯科助手によるクリーニングは一切行っておりません。

全て国家資格を有する歯科医師または歯科衛生士(研修を受けて認定試験に合格した歯科衛生士のみ)がクリーニング(歯石除去)を行います。

患者様一人一人に合ったクリーニング

当院では患者様のお口の状態で使用する器具や研磨剤を選択し使用しています。

そのため最先端の器具・研磨剤も多数揃えて用意してあります。

最先端のprophy器具を使用することで「痛みの少ないクリーニング」や「短時間できれいに!」が実現できています。prophyとは虫歯や歯周病の予防処置のことをいいます。歯ブラシだけでは落ちにくい歯の表面のプラークをキレイに掃除できます。また歯石を取った後の歯の表面は多少ざらつきますので歯の表面をこの器具で研磨することでツルツルになり、歯垢や歯石や着色が付きにくくなります。

また使用するブラシは患者様ごとに使い捨てにしているためコロナ禍でも安心してお通いいただけます。

お一人お一人に合ったクリーニングを行うことでより良い状態を維持するお手伝いをさせていただけたらと思っています。

保険診療で可能なクリーニング