あきる野市きらら歯科|最新設備設置

最新設備のご紹介

当院では大規模歯科医院としてのスケールメリットを活かし、一般的な歯科医院では高額で導入することの難しいCT・3Dスキャナなど最新の設備への投資を行っております。

診断用最新機器

デジタルレントゲンシステム

デジタルパノラマレントゲン写真は全体的なお口の中の状態や歯周病の状態を確認できる装置です。
幅広い診断に利用します
パノラマデジタルレントゲンシステムでは、大まかな歯の状態や骨の中の異常、下歯槽神経の位置などを知ることが出来ます。特に親知らずの抜歯の際や、歯周病の診断、インプラントの診断などの際には必須です。
体に優しいレントゲンシステム
通常のフィルム型の装置と比べ被ばく量は1/10とかなりの低線量となっており安心して撮影を受けることが可能です。きらら歯科ではエクセラスマートという、最新のデジタルパノラマ装置が設置されております。

CT(Computed Tomography)

立体的に分析できます
歯科用CTは、口腔内を立体的に確認することが出来ます。そのため肉眼やパノラマレントゲン写真での確認が難しい病巣の存在や広がりの程度を診断することが可能です。
主にインプラントの埋め込みの際や埋伏している歯の抜歯・根管治療などで精度の高い治療を提供することができます。
歯科に特化したCT
歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。きらら歯科では最新型のCT「オシリス3D」を導入しました。
より正確な診断が可能
従来のレントゲン画像や肉眼では見えない部分に、見落としがあると、再発・再治療につながってしまいます。見得る部分だけを「勘」や「経験」に頼って診断や治療をおこなうのではなく、先進の医療機器を活用することで、しっかりと「見える化」してこそ、より正確な診断・精密な治療を行うことが可能となり、良好な治療結果が期待できます。

マイクロスコープ

マイクロスコープは肉眼では見えない所まで確認できるため、虫歯や細菌の取り残しを防ぐことが可能です。
拡大立体視野

院内には肉眼の4~20倍の拡大率で治療箇所を確認できるマイクロスコープを設置しています。

主に歯周病や虫歯、歯の根の治療で特に必要と思われる際に使用しています。

ダイアグノデント

光を照射し、虫歯の治療の必要性などを判断できるドイツ製の光学診断機器です。勘に頼っていた虫歯治療から理論のある虫歯治療へ。MI(ミニマルインターベーション)の歯科治療の実現に一躍かっています。

測定値と治療方針

ミニマルインターベーションは、医療や治療において、最小限の介入や処置を行うアプローチを指します。
最小限の侵襲: 患者の体への負担を最小限に抑えるために、できるだけ少ない介入や処置を行います。自然な治療: 患者の自然な歯の構造や機能を保つことを重視し、必要以上に削ったり加工したりすることを避けます。
予防的アプローチ: 病状が進行する前に早期に処置を行い、患者の健康を維持するための予防的なアプローチを取ります。
患者中心のアプローチ: 患者のニーズや希望に基づいて治療計画を立て、患者が納得しやすいアプローチを選択します。

治療用最新機器

iTeroアイテロ element 5D

インビザラインで主に使用
「iTero」とはお口の中をスキャンする3D光学スキャナーです。主にインビザライン矯正治療、噛み合わせ診断、虫歯の診断に使用します。

当院で導入している「iTero(アイテロ)」では、従来の歯型取りのように、粘土のようなものを長時間噛み込んでの歯型取りは必要ありません。

精密なスキャンが可能

付属の3Dスキャナーを使用して、歯列に光を当てて、歯型を読み込むだけです。歯型はデジタルデータでコンピュータに保存されるため、ゆがみなども一切起きません。また、デジタルデータのため、海外の技工にもデータを送信するだけですので、治療期間の短縮にもつながります。

虫歯検知機能

従来のX線写真撮影なしでは通常検出することが困難な虫歯(歯と歯の間にある虫歯)も効果的に発見することができます。

セレックACオムニカム

セレックシステムとは、一言で説明すると、修復物(クラウンやインレー)をコンピューターを使用して設計し3Dプリンターのような装置で製作するシステムのことです。

治療当日に修復物が完成し、その日のうちに適合の良いセラミックの被せ物を装着することができます。

インプラントプランニングソフト

ガイドサージェリー

コンピュータガイデッドサージェリーとは、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、手術用のガイドを作製し、ガイドを用いインプラント手術を行います。 これにより、より安全で正確な治療を行うことができます

インプラント上部構造設計ソフト

印象材自動練和装置(AP-ミキサー)

従来の粉タイプの型取り材と違いペーストタイプなので、気泡の巻き込みがほとんどなく、キレイに型を採る事ができます。嘔吐反射のある方にも応用が可能です。

真空練和装置

かたどりした印象から石膏模型を作成するさいに、保険診療・自由診療問わず気泡が入らないように真空練和装置を使用して模型作成を行っております。石膏は超硬石膏を使用しております。
真空練和装置

真空練和装置

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、歯茎や粘膜を切ることや、止血に優れており、日本の歯科医院で最も多く普及しているタイプのレーザーです。

主な治療内容虫歯の予防、外科手術(歯茎や粘膜の切開、止血)、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療、メラニン色素沈着の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和などです。

炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、出血の減少、組織の活性化などの効果が期待できます。

電動麻酔器

押圧の変動による手振れがないため注入時の痛みが少なく、安定した低速度で少量ずつ注入できるので良好な麻酔効果が得られます。

カートリッジウォーマー

カートリッジ麻酔液を、痛みが少ないといわれる37℃に温め、保温します。1.8mlのカートリッジにも1mlのカートリッジにも対応します。

ZOO

ZOOはラバーダムや他の防湿装置の使用頻度を減少させるだけでなく、接着、根管治療、クラウンブリッジ、その他の歯科治療にたいする理想的な口腔内環境をつくり出してくれます。
ZOOの先端にあるワイヤースプリングの部分(バネ部)は自動的に開口状態を保持します。

TFファイル

少ないファイルで短時間に根管形成ができます。根管治療用R相ロータリーニッケルチタンファイル。『R相 ニッケルチタン』のR相は熱加工処理の金属の位相を言い、これにより鋼材の分子を均一化し、より強度と柔軟性を持つニッケルチタンとなります。

DRKIM

人間工学に基づいてデザインされた世界初の C-band型ヘッドランプです。
2方向から放出されるビームライトにより無影状態での施術環境が実現されたため、無影灯などの必要性が全くなくなりました。

インプラント手術、支台歯形成、根管治療、残根抜歯などを行うときに術野が明るく、非常に使いやすい製品です。
メガネやメガネ型の拡大鏡との併用も可能で、軽く、締め付けがなく、全くズレることがありません。

CARES

Straumann® CARES® Scan D7 は、CARES® システム。全てのスキャナの機能とインターフェースは、Straumann® CARES® Visual ソフトウェアとミリングプロセスとの連携に高い信頼性をもたらします。

5倍速コントラアングル

圧縮空気を使用するタービンよりも、電気モーターを使用する5倍速コントラのほうが、一般的に高いトルクで切削することができます。 このため、クラウンやメタルコアの除去など、高トルクが必要な作業を容易に行うことができます。 またモーター側で回転数が自動制御されるため、切削力が一定になり、高いトルクが維持されます。

消毒滅菌用感染対策機器

患者様とスタッフが安心して過ごせるよう、治療機器だけでなく感染症対策も滅菌・衛生管理も高い水準で徹底しています。

ミーレジェットウォッシャー

当院では信頼のドイツミーレ社製のウォッシャーディスインフェクターを2台設置しております。

歯科用器具洗浄・除菌システム。器具に付着した血液や唾液等のたんぱく質は55℃を超えてしまうと変成し凝固してしまいます。この歯科医療専用に開発されたシステムを導入することによって、たんぱく質が凝固しない55℃以下の温度で水洗い・弱アルカリ性洗剤を使った洗浄及びすすぎをし、その後に93℃ですすぎ・除菌の工程に移る高性能歯科医療用洗浄機にて除菌を行います。

滅菌器(クラスBタイプオートクレーブ)

当院ではクラスBタイプのオートクレーブ「DACプロフェッショナル」という滅菌装置(オートクレーブ)を設置しております。

DACシステムは、最も厳しいとされるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムです。
日本の歯科医院で通常行われる滅菌よりもワンランク上の滅菌を行えるようになりました。複雑な器具(ハンドピースなどの中空の機器)でも隅々まで高温の水蒸気を行き渡らせ、あらゆる種類の菌やウイルスの滅菌を行います。

クラスB滅菌機は、以下のような特徴を持っています:

  1. 真空機能: 滅菌前に空気や蒸気を除去するための真空機能が備わっています。これにより、滅菌プロセスが効果的に行われます。
  2. 高温蒸気滅菌: 滅菌には高温蒸気を使用します。高温での蒸気処理は、細菌やウイルスを効果的に殺菌し、医療器具を完全に滅菌します。
  3. プリウェットとドライサイクル: 滅菌後の乾燥プロセスも含まれています。これにより、医療器具が完全に乾燥し、効果的な滅菌が確保されます。
  4. 自動プロセス: 多くのクラスB滅菌機は、自動化されたプロセスを備えており、操作が容易です。使用者が手動で介入する必要がないため、操作が簡素化されます。

クラスB滅菌機は、医療機関や歯科クリニックなどで重要な役割を果たし、患者の安全を確保するために欠かせない装置です。

ハンドピース注油装置 iCare

iCareは、歯を削る際などに使用するハンドピースの自動洗浄・注油システムです。
ハンドピースのタイプに応じて、適正な洗浄プログラムと注油量がプログラムされており、簡単なボタン操作のみで、ハンドピースのメンテナンスが完了するため常に安全安心な状態で診療を行うことが可能です。また先端部清掃機能により、ハンドピース先端の内部の汚れや磨耗粉を効果的に取り除くことができます。

ハンドピースは、歯科医療や歯科技工において使用される手持ち式の電動工具のことです。一般的には、歯科医師や歯科衛生士が歯を削ったり形成したりする際に使用されます。ハンドピースは、高速回転するドリルやバーを取り付けることができ、歯の表面を削るために使用されます。さまざまなタイプやサイズのハンドピースがあり、さまざまな歯科処置に適したものが用意されています。

きらら歯科機器所有数

職種
項目
人数
設置数
歯科医師数26名
歯科衛生士数30名
歯科技工士数4名
管理栄養士数3名
事務人数9名
受付人数18名
歯科助手人数48名
滅菌清掃人数32名
診療用ユニット26台
ポータキューブ
訪問専用ユニット
1台
駐車場71台
口腔内カメラ27台
LED照射器
50台
i-Prophy30台
ダイアグノデント6台
パノラマレントゲン3台
コーンビームCT1台
デンタルレントゲン3台
iTero element5D1台
マイクロスコープ1台
インプランター2台
APミキサー3台
ペンタミックス1台
電動麻酔器5台
カートリッジ
ウォーマー
3台
アイスペシャル3台
ミーレジェットウォッシャー2台
クラスB滅菌機3台
オートクレーブ3台
パナソニック自動洗浄機2台
iCare
ハンドピース注油装置
4台
炭酸ガスレーザー2台
セレックACオムニカムシステム1台
ホワイトニング
ビヨンドライト
2台
ストローマンCARES1台
吸引鋳造装置CASCOM1台
エルコプレス1台
KAVO技工机4台
生体モニター1台
AED1台
タービン120本
コントラアングルHP94本
5倍速コントラアングル62本
ストレートHP58本
ユリ―
SUSブラシ
51本
タイトルとURLをコピーしました