補助的清掃用具について

こんにちは。
きらら歯科で歯科衛生士をしております栗原です。

本日は補助的清掃用具についてお話ししたいと思います。



補助的清掃用具とは?
お口の中を掃除する道具のことで歯ブラシ以外の物を補助的清掃用具と言います。
例えば、歯間ブラシ

糸ようじ(デンタルフロス)といったものになります。

その他にもタフトブラシや舌ブラシといったものもあります。
この補助的清掃用具は虫歯や歯周病を予防するにあたってとても重要な道具になります。

~補助的清掃用具の重要性~
虫歯や歯周病を予防するためには、細菌の塊である歯垢(プラーク)を取り除くことが必要です。
そのためには丁寧な歯磨きが大事ですが、歯ブラシだけでは充分に取り除くことが難しくきれいに磨けていても50%〜70%しか汚れが落ちていません。
ですが補助的清掃用具を併用することで汚れの除去率は80%〜90%に上がると言われています。

・糸ようじ(デンタルフロス)
糸状で歯と歯の隙間が狭い部分の清掃に適しています。ホルダータイプとロールタイプのものがありホルダータイプは柄が付いてるので初めての方にオススメです。

糸ようじは子供から大人まで使用できるのでお子さまの仕上げ磨きの際に使ってみましょう。

・歯間ブラシ
歯と歯の隙間が広い部分やブリッジといった被せ物をしている部分の清掃に適しています。歯間ブラシにはさまざまなサイズがあるのでご自身の歯の隙間に合ったサイズの選択が必要です。


ワンタフトブラシ
毛先が細筆のようなヘッドの小さい歯ブラシです。歯並びが重なった部分や矯正具を装着している部分などに適しています。

舌ブラシ
舌苔(ぜったい)とよばれる舌の表面に付いた汚れを取るものに適しており、口臭予防などで使われます。

まとめ
補助的清掃用具は歯ブラシと併用することで清掃効果が高まります。しかし、サイズや使用方法を間違えてしまうと歯や歯茎を傷つけたりしてしまうこともあります。

何か分からないことがありましたらお気軽にお尋ねください。