冷たいものを口にしたときや歯磨きのとき、瞬間的に「しみる!」と感じることはありませんか?

虫歯がないのにこのような症状があるのなら、知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏の痛みは虫歯の痛みと似ているため、まずは歯科医院で、痛みの原因が知覚過敏なのか、虫歯なのか調べてもらうことが大切です。

知覚過敏の原因はいくつかありますが、多くは歯周病や噛み合わせの影響で歯茎が下がり、歯の根が露出した事によって起こります。

知覚過敏の症状

一般的に、ムシ歯で歯が痛む場合は、慢性的にズキズキと痛みます。ところが知覚過敏の場合は、普段は何ともないのに、冷たいもの、温かいもの、酸味や甘味の強いものを食べたり飲んだりした時。歯みがきをした時。歯に風が当たった時などにだけ「キーン!」あるいは「ズキン!」と歯がしみたり痛くなったりします。

でもその痛みは一時的なもので、持続しないことが多いです。

知覚過敏も、初期のうちは冷たいものにだけ反応しますが、症状が進むと、温かいものを食べたり飲んだりした時にも、歯がしみるようになります。

知覚過敏の原因

知覚過敏は、歯の表面部分のエナメル質が何らかの原因で傷つき削れてしまうことが始まりです。象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わると、象牙細管から歯髄神経を通って脳に刺激が伝わり、「ズキン!」という、歯がしみる症状を起こします。どういったことをすると、歯の表面のエナメル質(セメント質)が傷つき、削れてしまうのでしょうか?

歯みがきの力が強すぎる

最も大きな原因が、歯みがきの力が強すぎることだと言われています。
歯ブラシでゴシゴシと力任せに歯磨きをすると、エナメル質が傷つき、削られてしまいます。エナメル質は硬くて丈夫ですが、毎日力を入れすぎて磨いていると、徐々にすり減って知覚過敏を引き起こしてしまいます。
歯の汚れは、そんなに力を入れなくてもきれいに落とせます。歯科医院で、あなたに合ったかたさの歯ブラシと、正しい歯みがきの仕方を教えてもらうと良いですね。

歯みがき粉のつけすぎ

市販の歯みがき粉には、歯の表面の汚れを効率よく落とすための「研磨剤(歯磨剤)」が配合されています。研磨剤が入った歯みがきで毎日ゴシゴシみがいていると、ますます歯が削られてしまいます。歯みがき粉のCMや広告などを見ると、歯ブラシにたっぷりと付けていますが、実際には、歯ブラシの10/1くらいの量、ほんのちょっとで充分です。当院の受付で、研磨剤の入っていない歯磨き粉の販売もしています。興味がありましたら、声をかけて下さいね。

歯ぎしり&噛み合わせが悪い

歯ぎしりも、エナメル質が傷つき、削れてしまう原因の一つです。知覚過敏の原因となるだけでなく、歯ぎしりは歯周病の原因となったり、歯周病の症状を悪化させる可能性もあります。
また、歯の噛み合わせが悪いと、一部の歯に偏った大きな力が加わるため、その歯のエナメル質を傷つける可能性があります。