冷たいものを口にしたときや歯磨きのとき、瞬間的に「しみる!」と感じることはありませんか?

虫歯がないのに、冷たい水を含んだ時や歯磨きの際にこのようなしみる症状があるのなら、知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏の痛みは虫歯の痛みと似ているため、まずは歯科医院で、痛みの原因が知覚過敏なのか、虫歯なのか調べてもらうことが大切です。

知覚過敏の原因はいくつかありますが、多くは歯周病噛み合わせの影響で歯茎が下がり、歯の根が露出した事によって起こります。

知覚過敏の症状

一般的に、ムシ歯で歯が痛む場合は、慢性的にズキズキと痛みます。ところが知覚過敏の場合は、普段は何ともないのに、冷たいもの、温かいもの、酸味や甘味の強いものを食べたり飲んだりした時。歯みがきをした時。歯に風が当たった時などにだけ「キーン!」あるいは「ズキン!」と歯がしみたり痛くなったりします。でもその痛みは一時的なもので、持続しないことが多いです。

知覚過敏症状の誘発要因

知覚過敏症状は、次のような刺激によって発生することがあります。

  • 冷たい食べものや飲みもの
  • 熱い食べものや飲みもの
  • 甘いものや酸っぱいもの
  • 冷たい空気
  • 歯磨き

知覚過敏も、初期のうちは冷たいものにだけ反応しますが、症状が進むと、温かいものを食べたり飲んだりした時にも、歯がしみるようになります。

知覚過敏の原因

知覚過敏は、歯の表面部分のエナメル質が何らかの原因で傷つき削れてしまうことが始まりです。

象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わると、象牙細管から歯髄神経を通って脳に刺激が伝わり、「ズキン!」という、歯がしみる症状を起こします。どういったことをすると、歯の表面のエナメル質(セメント質)が傷つき、削れてしまうのでしょうか?

むし歯でないのにしみる。知覚過敏
むし歯でないのにしみる。知覚過敏

歯みがきの力が強すぎる

最も大きな原因が、歯みがきの力が強すぎることだと言われています。
歯ブラシでゴシゴシと力任せに歯磨きをすると、エナメル質が傷つき、削られてしまいます。エナメル質は硬くて丈夫ですが、毎日力を入れすぎて磨いていると、徐々にすり減って知覚過敏を引き起こしてしまいます。
歯の汚れは、そんなに力を入れなくてもきれいに落とせます。歯科医院で、あなたに合ったかたさの歯ブラシと、正しい歯みがきの仕方を教えてもらうと良いですね。

歯みがき粉のつけすぎ

市販の歯みがき粉には、歯の表面の汚れを効率よく落とすための「研磨剤(歯磨剤)」が配合されています。研磨剤が入った歯みがきで毎日ゴシゴシみがいていると、ますます歯が削られてしまいます。

歯みがき粉のCMや広告などを見ると、歯ブラシにたっぷりと付けていますが、実際には、歯ブラシの10/1くらいの量、ほんのちょっとで充分です。

当院の受付で、研磨剤の入っていない歯磨き粉の販売もしています。興味がありましたら、声をかけて下さいね。

歯ぎしり&噛み合わせが悪い

寝ている間の歯ぎしりも、エナメル質が傷つき、削れてしまう原因の一つです。知覚過敏の原因となるだけでなく、歯ぎしりは歯周病の原因となったり、歯周病の症状を悪化させる可能性もあります。
また、歯の噛み合わせが悪いと、一部の歯に偏った大きな力が加わるため、その歯のエナメル質を傷つける可能性があります。

知覚過敏の診断には、歯科医師の診察が必要です。歯に違和感を感じる場合は、必ず歯科医師にご相談ください。

知覚過敏の治療

一般的に以下のような流れで治療を行っていきます。

経過を見る

知覚過敏が軽度であれば、症状が一時的なこともあり特に治療をせずそのままにしていても治ることがあります。

知覚過敏予防歯磨き粉を使用

知覚過敏の症状が良くならない場合は、ご自宅で神経の過敏状態を抑える成分の入った歯磨き剤を使っていただくことをおすすめします。

  • シュミテクト
  • デンターシステマハグキプラス
  • 松風メルサージュヒスケア
  • クリアクリーンしみる歯ケア

薬物を塗布

露出した象牙質表面を保護する治療を行ったりします。象牙質にはたくさんの小さな穴(象牙細管)が空いているため、これらを封鎖し、神経に伝わる感覚を途切れさせることで、知覚過敏の症状を抑えることになります。

使用薬剤
  • クリンプロホワイトバーニッシュ(お薦め)
  • MSコート
  • グルーマ

同じ目的で、再石灰化を助けるフッ素などが含まれた歯磨き剤を使う方法もあり、しばらく続けて使うことで症状の改善が期待できるといわれています。

従来薬物を塗布してもなかなか知覚過敏は改善しませんでしたが、クリンプロホワイトバーニッシュが国内に導入されてからは圧倒的に知覚過敏が改善するようになりました。

クリンプロホワイトバーニッシュ

当院では基本的にはクリンプロホワイトバーニッシュを知覚過敏に使用しております。

当院では、知覚過敏抑制剤「クリンプロ ホワイトバーニッシュF」を取り扱っております。
滞留性と耐酸性を併せ持つペースト状の薬剤で、筆で直接塗布し、塗布後の乾燥や洗口が不要というシンプルな使用法が特徴です。
知覚過敏の部位以外にも、初期むし歯や露出した歯の根元、矯正器具が触れている部分など、むし歯リスクの高い部位にも使用可能です。3M社が開発したクリンプロホワイトバーニッシュは確実に歯の表面の再石灰化を促します。今年に日本で認可された知覚過敏抑制ですが、実は海外では虫歯予防として主に使われています。

コンポジットレジン充填を行う

また、象牙質表面を樹脂の薄い膜で覆って保護する治療や、歯が擦り減っている部分には詰め物をする治療もあります。

マウスピース|歯ぎしりによる歯へのダメージを防ぐ

歯ぎしりなどが原因で知覚過敏になっている方は、マウスピースをつけて治療を行うのが一般的です。

いくら治療薬を塗布するなどして知覚過敏の治療を行っても、就寝中に歯ぎしりするくせがあれば、歯に強い刺激を与えて知覚過敏の治療の妨げになります。

本来歯軋りを治せれば良いのですが、就寝中の歯ぎしりを直接的に治すのは簡単ではありません。

そのため、就寝中に歯ぎしりをする方は歯のダメージを防ぐためにマウスピースをはめる治療が必要となります。

なお、マウスピースによる治療も保険適用内で行えます。

神経の処置をする

症状がひどい場合には神経自体を取り除く抜髄(根管治療)を行うこともあります。知覚過敏は象牙質から神経に直接刺激が伝達されて、歯がシミたり痛んだりするものです。

そのため神経を抜けば知覚過敏の症状をなくすことができます。しかし、神経のない歯は変色や破折しやすいといったデメリットがあるため、歯の神経はむやみに抜かない方が良いと思われます。