歯科用CT

当院では歯科用CTを設置しており、従来まで見えなかったところが見えることで、より的確な診断が行えるようになりました

歯科医院におけるインプラント治療、根管治療、抜歯、歯周病治療など精密な診査や診断を要する処置において従来のレントゲン写真(二次元)で得られる情報量には限界がありました。
きらら歯科では、3D(三次元)の立体画像を得られる歯科用コーンビームCTを導入することにより、見えなかった部分を立体的に確認し、より診断の精度を上げることができるようになりました。

歯科用CTを院内に設置するメリットは?

  • CTのない歯科医院に比べ、正確な診断が行えます。
  • CTの撮影が必要な場合に、外部の提携病院へ行かなくても撮影できるため患者様の大切な時間を頂かなくてすみます。
  • 院外撮影に比べると、患者さんの自己負担が半分以下で済み安価です。

インプラント治療ではCT撮影を無料で行っております

当院でのインプラント治療では、必ずCTスキャンを使用し診査診断を行っております。

CTの撮影はインプラント治療において安全に手術を行い長期的に成功させるためにはなくてはならないものというのが世界の常識となりつつあります。CTは三次元的(立体的に)に骨の形態や密度、骨の内部を走行する神経の位置を把握できる撮影装置です。従来の「パノラマレントゲン」「デンタルレントゲン」では大まかな形はわかるのですが平面的な画像からだと「局所的な骨の欠損」「骨の厚み」など判断できない部分があります。

そのため歯科用のCTであれば正確な診査診断を行うことができ、安全性と治療そのものの質を高めることが可能となります。当院ではインプラントのオペの際には必ずCT撮影を行います(無料)そしてインプラント埋入後も適時必要に応じてレントゲンあるいはCTを撮影してインプラントのメインテナンスなどを行ってまいります。