スライスカット・IPRについて

矯正で行うスライスカットとは

スライスカットは歯を動かすのに必要なスペースを歯を抜く代わりに少し削って作る方法です。ストリッピング、ディスキング、IPRともいいます。

通常、乱ぐい歯や八重歯を治す場合、歯を抜いてスペースを作る必要がありますが、「歯を抜くとかえってスペースが余ってしまう」「歯を抜きたくない」「ご病気等で麻酔ができない」などの場合にスライスカットを行ってスペースを作ります。

スライスして作ったスペースを利用して歯を動かしていきます。

歯には内部に象牙質があり、表面はエナメル質になっています。エナメル質の厚みは1.5mmあり、外側から0.25~0.50mmスライスカットします。エナメル質の範囲で削る分には問題がありません

虫歯になりやすくなることはありません

ちなみに、スライスしたからといって、虫歯になることはありません。(スライスした面は十分研磨します)

むしろ歯が込み合ってる方が、虫歯や歯周病の可能性が高まります。

また、スライス矯正の場合は、大幅に治療期間が短縮されます。(大体、抜歯矯正の半分から3分の1程度)さらに、前歯が大きい方にとっては、スライスすることにより、より見た目が美しくなります。

スライスカットは痛くありません

ちなみに、スライスする際に痛みはありません。理由としてエナメル質には神経がないからです。

タイトルとURLをコピーしました