インプラント治療でよくある質問

インプラントの寿命は?

インプラントの寿命は、「インプラント体」と呼ばれる顎の骨と結合するための部品が外れたときに訪れます

インプラント治療

インプラント治療

インプラントの平均的な寿命は、インプラントを埋め込んだ場所、埋入を行った条件(歯周病の有無など)によって違ってきます。 また、使用するインプラントメーカーによって異なります。 しかし、インプラントの累積残存は10で9割を超えています。 20年でも7割程度残るという報告もあり、長期的に機能させた例は多数存在します。

一般的には10~15とされていますが、日々の手入れを怠ってしまうと寿命に届かず、早い段階で使えなくなってしまうこともあるでしょう。

インプラントは長持ちしますか?

インプラントは、正しくケアされ、適切にメンテナンスされる場合、通常は長期間持続することが期待されます。インプラントは歯科治療の一部として人工の歯根を歯茎と骨に埋め込む手順で、多くの利点がありますが、長持ちさせるためには以下のポイントが重要です:

正しい診断と治療計画: インプラント治療は、患者の状態に合わせた正確な診断と治療計画が必要です。適切な骨の量と質、歯茎の健康状態などが考慮されます。

経験豊富な歯科医師: インプラント手術を行う歯科医師は経験豊富で信頼性があり、専門的なスキルを持つことが重要です。

良質なインプラントデバイス: 高品質のインプラントデバイスを使用することが重要です。信頼性のある製品を選びましょう。

適切なケアと衛生: インプラントを含む歯と歯茎の適切なケアが必要です。日常の歯みがきや歯間清掃、歯科医院でのプロのクリーニングが大切です。

定期的な検診とメンテナンス: インプラントを保つためには、定期的な歯科検診が重要です。歯科医師はインプラントの状態を評価し、必要に応じて調整や修復を行います。

生活習慣と食事: 健康的な生活習慣やバランスの取れた食事もインプラントの長寿命に寄与します。過度なストレスやタバコの摂取はインプラントの寿命に悪影響を及ぼす可能性があります。

ただし、個人の状態やケースによって結果は異なります。インプラントが長持ちするかどうかは、個人の適切なケアと定期的な歯科検診に大きく依存します。必要なケアとメンテナンスをしっかり行い、歯科医師のアドバイスに従うことが大切です。

インプラントの普及率は?

日本のインプラント普及率は全体の約2.7%

厚生労働省が2016年に実施した「歯科疾患実態調査」によると、インプラント装着者の全体割合は約2.7%であることが分かっています。 内訳としては40代で約1.75%、50代で約2.1%、60代で約3.45%、70代で3.55%、80代で2.7%となっています。

インプラントは抜歯してからどのくらいで行えますか?

基本的には抜歯から1~2ヶ月後にインプラントを埋入することが多いです。 他にも歯茎と顎の骨が回復するのを待ってからインプラントを埋入するため、3~4ヶ月かかる方法も存在します。 歯茎と顎の骨が完全に治癒するのを待つ場合は、6ヶ月以上を待つ必要があるので、より時間がかかってしまいます。

インプラントの手術は痛いですか?

インプラント治療は手術を行う」と聞くと、どうしても身構えてしまいがち。 しかし、手術中はほとんど痛みを感じませんし、術後の痛みも個人差はありますが1~2週間程度で治まります。抜歯と同程度あるいは、抜歯よりも少ない痛みと言われることが多いです。

親知らずの抜歯と比較してどうですか?

インプラントの治療は、親知らずの抜歯と比べると短く、インプラント1本の埋入時間は約15分から20分ほどです。 治療後の痛みと腫れに関しても、下顎の埋まった親知らずの抜歯と骨造成をしない通常のインプラントを比べると、親知らずの抜歯のほうが痛みや腫れが強く、長く続く場合がほとんどです。

インプラントの手術後の注意事項は

インプラント手術の後、適切な消毒およびケアが非常に重要です。ここで注意すべきポイントをいくつか説明しますが、最も重要なのは、医師や歯科衛生士の指示に従うことです。以下は一般的な消毒およびケアのポイントです:

術後の出血と腫れの管理: インプラント手術後、出血や腫れが生じることがあります。医師が指示する通りに、処方された薬を服用し、術後の経過を注意深く観察しましょう。

術後の口内清掃: 術後の数日間は口内の清掃に特に注意が必要です。歯ブラシで手術部位を優しく清掃し、歯周ポケットを清潔に保ちましょう。医師や歯科衛生士が特定のケア製品や方法を勧めることがあります。

食事: 術後は硬い食べ物や飲み物を避け、柔らかい食事を摂ることがおすすめです。また、食べ物が手術部位に詰まらないように気をつけましょう。

禁煙と控えるべき飲酒: タバコやアルコールの摂取は血流を妨げ、治癒プロセスに悪影響を及ぼす可能性があるため、手術後はこれらを控えることが大切です。

処方薬の服用: 医師から処方された薬を正確に服用し、処方箋に従って医薬品を使用しましょう。痛み止めや抗生物質が処方されることがあります。

歯科医院でのフォローアップ: インプラント手術の成功と寿命に影響を与える要因の一つは、手術後の定期的なフォローアップ診察です。医師の指示に従って、定期的に歯科医院を訪れましょう。

術後の消毒液または塗り薬の使用: 歯科医師が特定の消毒液や塗り薬を処方することがあります。これらを正確に使用し、手術部位の消毒を行いましょう。

最も重要なことは、医師の指示に従い、口内衛生に気をつけることです。手術部位を清潔に保ち、感染や合併症のリスクを最小限に抑えるために努力しましょう。

インプラントの手術後の腫れはどのくらいですか?

腫れの期間は手術後2~3ほどで、1週間ほどで腫れも引くことがほとんどです。 ただし歯肉や骨の移植を行った場合は1週間から10程度腫れが続く場合があります。

インプラントの抜糸はいつ頃ですか?

抜糸するタイミング 抜糸は切り開いた傷口が治癒したタイミングで行います。 一般的には、縫合から1週間〜10日後に行うことが多く、遅くとも2週間後には完了しておくと安心です。

インプラントの手術後の歯磨きはいつからが良いですか?

インプラント手術後は抜糸をするまでの約1~3週間、歯磨きやうがいで手術部位を刺激しないように注意するのが基本です。 治りかけていた傷口が開いて、傷の治りが悪くなってしまう可能性があるからです。