最新の歯科医療機器のご紹介

こちらのページではきらら歯科に導入されている歯科医療器具と設備についてご説明させていただきます。

最新の医療と設備

あきる野市きらら歯科では、歯科医師・歯科衛生士ともに歯科医療技術の研鑽を常に行っております。また技術研鑽のみでなく大規模歯科医院としてのスケールメリットを活かし、高額な最新の設備への投資を行っております。そのため最新の設備による安心の歯科医療をご提供させていただきます。

kirarainnai

精密治療対応可能

患者さまのお口の状態をより正しく判断するために、歯科用CTやマイクロスコープを導入しています。診断の際、歯科医師の経験や勘による判断ではなく、見える部分からしっかりと判断することが重要との考えのもと、患部を可視化することに力を入れています。このように機器を駆使して得られた情報を活用し、正確な治療をご提供できるように努めています。

当院では院長自身が各種文献や資料を基に最新の医療機器設備の導入に積極的に取り組んでおります。また歯科材料発注担当の専属の歯科衛生士を2名配備し、メーカー・歯科材料業者さんから最新の医療機器情報の入手を常日頃からおこなっております。

CT(Computed Tomography)

きらら歯科ではCT完備当院では通常のレントゲンはもちろん先進医療機器のCTがございます。歯科用CTでは、口腔内を3D化して肉眼での確認が難しい病巣の存在や広がりの程度を見定めることがで出来るため、それに応じた治療を選択していくことが出来ます。通常のレントゲンは平面のレントゲン写真となるため、骨の濃度や神経の場所まで把握することが困難でした。ですがCTでは3Dのレントゲンを撮影できるため、インプラントの埋め込みや、矯正治療などの際により安全で精度の高い治療を提供することができます。CTとは、Computed Tomographyの略です。コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層の3次元的な立体写真を得ることができる装置です。

歯科専用CT設置

歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。すかし絵のような写真でなく3Dで病態を確認できるため、埋伏歯の抜歯や根管治療・インプラントオペ・歯根端切除術などでの診断力が格段に向上しました。きらら歯科では2015年に最新型のCT「オシリス3D」を設置しました。CTは安いものでも約1000万円以上するため高額な医療機器といえます。最薄75μmのスライスピッチと、最大φ80×90mm撮影範囲での 撮影が可能なCTです。さらにこのオシリス3Dは子供、大人、女性、大柄な方などのように人に合わせて放射線の量が調整できます。撮影時には放射線から守るエプロンを使用するので、より安全なレントゲンを撮ることが可能となっております。

当院でのCTの活用法

患者さんの症状によっては、痛みがあるのに原因となっているものが見つかりにくい場合に、歯科用CTで撮影することによって例えば歯にヒビが入っていることを迅速に発見することができます。ヒビの大きさや患部の状態をはっきりと目視することが可能となり、より明確に治療の計画を打ち出して精巧な治療を提供していくことができます。また、インプラント治療を進めていく場合にも、患者さんの歯や骨の状態を立体映像で正確に把握することが可能であるため、効率よく正確な位置へと施術をしていくことができます。従来よりも時間や通院期間をかけずにご満足いただける治療を提供させていただきます。

デジタルレントゲンシステム

デジタルパノラマレントゲン写真は全体的なお口の中の状態や歯周病の状態を確認できる装置です。パノラマデジタルレントゲンシステムでは、大まかな歯の状態や骨の中の異常、下歯槽神経の位置などを知ることが出来ます。特に親知らずの抜歯の際や、歯周病の診断、インプラントの診断などの際には必須です。通常のフィルム型の装置と比べ被ばく量は1/10とかなりの低線量となっており安心して撮影を受けることが可能です。きらら歯科ではエクセラスマートという装置が設置されております。撮影から画像の構築まで約30秒と患者様のお待ちの時間を少なくすることが可能です。

虫歯の診断など鮮明な画像を必要とする場合にはパノラマレントゲン写真は適していませんので、鮮明な画像を必要とする場合にはデジタルデンタルレントゲンを撮影する必要があります。当院に設置されている装置はビスタスキャンというデジタルレントゲン現像システムです。

ビスタスキャンはデジタルが苦手としたグラデーションもアナログフィルムと同等に再現することが可能です。また当院のビスタスキャンはアナログフィルムよりも優れた画像解像度を実現しています。そのため虫歯の見落としなどのリスクを軽減することが可能になっております。

 

マイクロスコープ

院内には肉眼の4~20倍の拡大率で治療箇所を確認できるマイクロスコープを設置しています。

主に歯周病や虫歯、歯の根の治療に使用しています。肉眼では見えない所まで確認できるため、虫歯や細菌の取り残しを防ぐことが可能です。治療において必要と判断された根管治療や拡大した視野が必要な症例の際にはマイクロスコープを使用して治療を行います。

マイクロスコープは肉眼で見えない部分まで拡大することが出来るため、治療精度を上げ再発などを防ぐことが出来ます。アポクロマートレンズとLEDライトを採用した最新の機種を使用しております。

microscope

セレックACオムニカム

セレックシステムとは、一言で説明すると、修復物(クラウンやインレー)をコンピューターを使用して設計し3Dプリンターのような装置で製作するシステムのことです。

セレック

通常であれば修復物である銀歯や通常のセラミックの歯は、印象といって型どりを行い、歯科医院から技工所に製作を依頼します。

そして歯科技工士さんが手作業で石膏模型から人工の歯を製作します。そのため、患者さんはクラウンが完成するまでの数日間を、仮歯や仮のふたをかぶせた状態で過ごさなくてはなりません。

また人が製作すると、その時の気分や作る技工士さんなどによって若干のずれが生じてしまいます。これはどうしても人間が行うことなのでなくすことが出来ませんでした。

しかし、セレックシステムであれば技工所に依頼する必要がありません。

IMG_14607

治療当日に修復物が完成し、その日のうちに適合の良いセラミックの被せ物を装着することができます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、歯茎や粘膜を切ることや、止血に優れており、日本の歯科医院で最も多く普及しているタイプのレーザーです。

%e7%82%ad%e9%85%b8%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%bc

主な治療内容虫歯の予防、外科手術(歯茎や粘膜の切開、止血)、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療、メラニン色素沈着の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和などです。

炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、出血の減少、組織の活性化などの効果が期待できます。

IMG_9047

電動麻酔器

電動の麻酔注射器を使用する際には細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。

また人の手で一定の圧力でゆっくし麻酔をすることは、難しい面もあるのですが、電動麻酔器だと機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。

%e7%97%9b%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab

従来歯科医院への電動注射器の普及率は低いものでしたが、近年、国産の電動注射器「オーラスター」 (昭和薬品化工株式会社)が発売され急速に普及しています。当院でもオーラスターを4台そろえ必要に応じ使用しています。

また麻酔薬を温めて注入時のいやな感覚をなくすためのカートリッジウォーマーも設置しています。

滅菌器(クラスBタイプオートクレーブ)

きらら歯科ではリニューアルにあたり、「DACシステム」という滅菌システムを導入いたしました。 DACシステムは、最も厳しいとされるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムで、日本の歯科医院で通常行われる滅菌よりもワンランク上の滅菌を行えるようになりました。

DACプロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアーする、高度なオートクレーブです。 DACプロフェッショナルは、滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、飽和水蒸気を流し込みます。この工程を数回繰り返すことにより、 複雑な器具でも隅々まで高温の水蒸気を行き渡らせ、あらゆる種類の菌やウイルスの滅菌を行います。

IMG_8999

自動洗浄機ミーレジェットウォッシャー

ミーレジェットウォッシャー

歯科用器具洗浄・除菌システム。器具に付着した血液や唾液等のたんぱく質は55℃を超えてしまうと変成し凝固してしまいます。

この歯科医療専用に開発されたシステムを導入することによって、たんぱく質が凝固しない55℃以下の温度で水洗い・弱アルカリ性洗剤を使った洗浄及びすすぎをし、その後に93℃ですすぎ・除菌の工程に移る高性能歯科医療用洗浄機にて除菌を行います。

印象材自動練和装置(AP-1)

歯医者でかたどりをする際に粘土のようなものを使用します。これを印象といいますが通常アルジネート印象材を手で練るのですが当院では自動で練ったものがボタンを押すだけで作成することが可能です。機械で混和することによりどのスタッフが作成しても気泡の巻き込みのない印象を採得することが可能になりました。

IMG_2660jidourenwa

検査データのデジタル管理

歯周病検査や虫歯の検査などのデータをすべてタブレットを使用することによりデジタルデータ管理を行っております。

IMG_2544a

IMG_2540a

KAVO製歯科技工机

ドイツ歯科機器メーカーKAVO製技工机を設置しております。

IMG_3364

歯科技工室2

鋳造機キャスコム設置

真空鋳造機