PMTCについて

polishingきらら歯科でのPMTC(ピーエムティーシー)についてご説明させていただきます。

PMTCは、以前より当院で歯科衛生士、歯科医師により行われていましたが、テレビなどで取り上げられてからか、最近はお電話でお問い合わせをいただくことも多くなってきました。

PMTCは歯の着色(ステイン)を取るだけでなくバイオフィルムという細菌の固まりも除去することを言います。

そのためPMTCを行うことにより虫歯や歯周病を予防することができます。

歯のクリーニング「 PMTC 」

PMTC とは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」という、専門家による歯のクリーニングです。

歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使って、普段の歯磨きでは落とせない汚れを一掃してくれます。

クリーニングのため、全く痛みなどはなく、反対に気持ち良いと患者様に良くいわれます。

きらら歯科では、PMTCペーストを多数そろえています。たとえば、虫歯になりにくくするフッ素を含んだペーストや、歯周病の細菌を殺菌することのできるクロルヘキシジンという成分を配合したもの、また着色をしっかりととる研磨剤をしっかり配合したもの、歯の再石灰化を促進する性質のあるハイドロキシアパタイトなどを配合したものなどです。

当院ではそれぞれの患者様にあったペーストを使用しクリーニングを行わせていただいております。

PMTCの効果

歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、バイオフィルムを取り除くことにより虫歯菌や歯周病菌を減少させることができます。

そしてむし歯の予防や歯垢の付着を防ぎ、また、歯肉の腫れや痛みを抑えて歯周病を改善させ、それらのことが歯を長持ちさせることにつながります。

また、歯の表面をきれいにするので、見た目の美しさを向上させます。さらに、フッ素入りジェルを用いることで再石灰化を促進し、歯を強化します。

一方、PMTCの特徴は爽快感と快適さにあります。特殊な柔らかいブラシやゴムなどを使うので痛くありません。

妊娠中や授乳中の方、高齢者や小児など誰でも気軽にPMTCを受けることができます。

PMTCとは

P・・プロフェッショナル(専門家による)
M・・メカニカル(機械的な)
T・・トゥース(歯の)
C・・クリーニング

の頭文字をとったものです。歯科医師や歯科衛生士が専門の機械やペーストを使ってお口の中の汚れを徹底的に除去し、虫歯・歯周病・口臭などからあなたの歯やお口を守ります。

PMTCで細菌の量を減らすことができるので、これを定期的におこなうことで虫歯や歯槽膿漏の予防になります。

af9980023164m

PMTC治療の費用

歯周病などの疾患があり、治療を希望されるかたの場合で健康保険証をお持ちの方の場合には歯石除去時にPMTCも同時に行わせていただくことも可能です。

歯周病などの疾患治療→保険適応(3000円~5000円程度)

初診料+歯周病検査+歯石除去代金を含む

PMTCのみ(30分以内)→5000円

一般的な着色の沈着の際には30分程度のPMTCとなります。

PMTCのみ(30~60分以内)→10000円

 

PMTC治療のみの場合、健康保険診療が認められておりません。

日本の保険制度の場合には、「病気を治すための治療」にしか健康保険が使えないためPMTCのような「予防治療」には保険が適用されないのです。

そのためPMTC治療の身を希望される場合には「自由診療」となりますのでご了承ください。

af0150022974m

PMTC治療のながれ

歯のプラークや着色の付き具合によりかかる時間は異なりますが、大体30分~60分ほどで行います。染め出し液を使ってプラークを染め出します。

専門のブラシを使って歯の汚れを除去します

pmtc002

専用のラバーカップを使用し研磨を行います

pmtc004

仕上げのフッ素コーティングを行います

pmtc012

担当歯科衛生士によりブラッシングのアドバイスをさせていただきます。

af0150022925m

PMTCの間隔

人によって歯や歯ぐきの強さ、細菌の状態、着色の程度などが異なるのでさまざまですが、一般的には3~6ヶ月に1度の割合で行います。間隔などご相談いただければご提案させていただきます。(本来3か月後にいらしていただき、その時の付着状況で○○か月が良いですよと説明することがベストです)