矯正が必要な不正咬合の種類

上顎前突:上の歯が前に出っ張っています

0467001001

下顎前突:下あごが前にでています。しゃくれているともいいます

0467001002

すきっぱ(正中離開):歯と歯の間に隙間があります。

0467001003

叢生:乱杭歯とも言います。歯並びががたがたしています。

0467001004

開咬:OPEN BITE(オープンバイト)といい、上下の前歯がかみあっていません

0467001006

不正咬合を放置すると起きやすい疾患

  • 虫歯になりやすい。
  • 歯周病になりやすい。
  • 発音障害が起こる場合がある。
  • 食べ物がうまく噛み切れないなどの機能障害。
  • 人前で口をあけるのが恥ずかしいなどの小さな心理的コンプレックスから始まって、対人恐怖症や人格形成にも影響が出やすい。
  • 口がうまく閉じられないケースでは、口輪筋など表情筋は弛緩し、だらしない表情になる。
  • 悪い歯並びから来るかみ合わせの不安定さや顎のズレが顔面骨格の成長に悪影響を及ぼし、顎関節症の原因になる場合もある。

 

歯並びは見た目だけの問題ではありません

矯正治療をご希望の方のほとんどは、主に見た目の問題を気にされてのことだと思います。
しかし、歯並びの問題は、単に見た目だけの問題ではありません。歯並びが悪いと、噛み合わせの不調和を引き起こします。 噛み合わせの不調和は、顎関節症や頭痛・肩こりの原因などにもなります。こうして歯並びの問題は、全身の問題の原因となってゆくのです。
また、一般的なむし歯や歯周病といった病気は、歯並びが悪いことで悪化しやすくなります。さらに、通常の歯科治療は、歯並びがキレイな人を想定した治療法しか研究されていません。 歯並びが悪い人は、普通の歯科治療をちゃんと受けることさえ難しいのです。
当院で矯正治療を受けられる方は、小児矯正は3歳児さんから、成人の方では60歳を超える方までいらっしゃいます。