補綴治療(ほてつちりょう)とは

「補綴(ほてつ)」とは、なかなか聞き慣れない言葉だと思いますが、詰め物や被せ物、入れ歯など人工物で歯を補う治療の総称です。

歯冠補綴とは虫歯によって、咬み合わせ部分が大きく失われた歯を補うために、歯の形を整え、かぶせ物をすること、またそのかぶせ物を支える歯根の補強を行うことを、歯冠補綴(しかんほてつ)といいます。

歯冠修復と比べて、より高度な咬み合わせの診断を駆使しながら、歯の形の全体像をデザインし、デザインした通りに歯の形を削り、歯の型を採り、技工作業でその型に合った材料を用いて補綴物を作ります。出来上がった補綴物と歯は、歯質との接着性の高い材料を使って接着させます。

「詰め物」「被せ物」「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」がこの治療に該当します。

CADCAM冠製作可能

最新の歯科技術であるCADCAM冠(白い歯)を当院では保険診療の範囲で製作可能です。

保険適用です 約8000円(型どりとセットで)

今まで保険で出来る奥歯の被せ物は銀歯しか認められていませんでしたが、今回新たにCAD/CAM冠(キャドカムカン)と呼ばれる白い被せ物が保険適用になりました。 CAD/CAM冠はハイブリットレジンと呼ばれるセラミックとプラスチックを合わせた白い素材です。


プラスチックだけでは歯の咬み合わせの力によってすぐに割れてしまいますが、セラミックと混ぜることで高い強度を実現することができました。

身体に優しい素材です

CAD/CAM冠は銀歯とは違い、金属を一切使用しない被せ物です。
金属である銀歯は経年劣化で腐食し、金属成分が体内に溶け出してしまいますが、CAD/CAM冠にはそういったことが起こらないので、金属アレルギーの心配がありません

歯科技工士在籍

患者様の口に入る歯の詰め物や被せ物と呼ばれる修復物や入れ歯は、国家資格を持った歯科技工士が製作します。

歯の形や咬み合わせは当然ながら患者様一人ひとり異なり修復物に既製品はありません。全て患者様それぞれの歯の状態に合わせた完全オーダーメイドです。

www.kyocera-dental.com_img_m_professional_implant_support_09

きらら歯科では、院内に歯科技工室を併設しており、歯科技工士が4名在籍していますので、患者様の様々なご要望に対して対応できるというメリットがあります。

患者様と直接技工士が相談できます

前歯など「審美性」が重要になるかぶせ物等を作製する場合、患者様のお気持ちが非常に重要になります。 歯科医師が良いと判断する見た目以上に患者様ご自身の希望する「色合い」「形」などに合わせていくことがとても重要になります。

これらは製作する際に何度も調整し患者様のイメージに近づけていくのですが、通常外注の技工所ですと一般的にはドクターが患者様の意向をお聞きし、それを歯科技工に伝え、歯科技工士が作製していきます。これは伝言ゲームと同じで気持ちが伝わらないことがあったりします。

そのため一番の理想は、 実際にかぶせ物等を作製する歯科技工士が自分の目で確認し、患者様の意向を確認する事です。当院では歯科技工士が常に在籍するためそのような環境が整っています。

img_4230

院内に歯科技工士が在籍していると、時には診療現場に立ち合い、歯科医と患者様から細かいリクエストを聞くことができます

つまり、患者様にとって最適な修復物を提供できるというのが最大のメリットであると考えています

製作日数の短縮が可能です

院内に歯科技工室を完備している歯科医院は5%程度であると言われています。通常の歯科医院では製作を外部の歯科技工所に委託しているため、型取りから装着まである程度の日程を要します。

しかし、当院では院内で製作しているため時間短縮が可能です。また、被せ物の調整や入れ歯の修理など簡単な補修に関しては当日中に修正することができます。

超硬石こうを使用します

当院では適合精度のとても高い超硬石こうを使用し模型を製作しております。

その後吸引型の最新鋳造機を使用し鋳造を行っております。

2016-09-16-10-35-10-2