インビザラインについて

きらら歯科では主にマウスピース矯正としてインビザラインシステム及びインビザラインGoシステムを導入しております。インビザラインは世界各国で約8,000,000人以上の治療実績がある目立たない歯列矯正システムです。インビザラインは、軽度の部分矯正から難易度の高い全体矯正、主に中高生を対象としたケースまで、幅広い症例に対応しています。

インビザラインシステムは米国のアラインテクノロジー社により始められたマウスピース型カスタムメイドの矯正歯科装置です現在世界中で100カ国以上の国々で提供されこれまでに約8,000,000人の方々に選ばれております。

インビザラインシステムは、米国のアラインテクノロジー社により始められたマウスピース型カスタムメイドの矯正歯科装置です。現在世界中で100カ国以上の国々で提供され、これまでに約8,000,000人の方々に選ばれております。

インビザライン治療のメリット

  • インビザライン矯正では、3D 治療計画ソフトウェアを使うことにより、治療開始から完了までの歯の移動を、コンピューター画面上で画像および動画で確認することができます。このコンピューターによる治療前の3Dシミュレーションを「クリンチェック」といい、これを使用することで、より精度の高い治療が可能になります。
  • ワイヤー矯正とは異なり、インビザライン矯正ではこの「クリンチェック」で治療計画をさまざまな角度から詳しくご確認いただけるので、患者さまにとっては、治療を受けるかどうか判断する大きな手がかりになります。
  • 透明なので見た目が気になりません
  • 取り外しができるので食事も普段通りにできます
  • 一般の矯正と比べ通院回数が少なく済みます
  • 金属を使わないので金属アレルギーを起こしません

インビザライン治療のデメリット

  • 使用時間や使用方法をご自身で守っていただく必要があります
  • 歯科医師の技術の状態によっては適用できない場合があります
  • 食後にマウスピースを外して歯ブラシをしていただく必要があります

近年需要のあるマウスピース矯正を当院では取り入れています。「金具が見えない矯正」で芸能人や女性の間で人気のある矯正システムです。

IPRが基本的に必要です

「IPR」とは「InterProximal Reduction」の略で「アイピーアール」と呼びます。簡単に言うと、「歯と歯の間にヤスリをかける処置」です。もちろん、歯の健康・寿命に問題のない安全な範囲内でです。IPRは昔から矯正治療で一般的に行われている歯の横幅を小さくするための処置です。ディスキング、ストリッピング、スライシングとも言われます。
IPRでは、むやみに歯を削っているわけではありません。歯の一番硬い部分である「エナメル質」のみを削っており、削れる歯の量もきちんと定められています(0.2mm~0.5mm程度)。歯のエナメル質が2~3mmと言われていますので、削る際に痛みを感じたり、IPRによって虫歯になりやすくなったりすることもありません。このことは、過去の研究結果でも報告されています。

IPRはエナメル質内で0.5㎜以内なら十分可能であり、またIPRによるカリエスリスクは低いと報告されています。(El-mangourry NH et al. J Clin Orthod,1991)

IPRが必要な症例とは?

程度によりますが、年齢が若い方であればIPRを行う場合でもその量を少なくできることが多いです。また成人~ご年配の方で、歯ぐきが下がっている方・被せ物が多く入っている方の場合、矯正治療によってで歯がきれいに並ぶとブラックトライアングル(歯と歯の間の三角形のすき間)が目立つように感じることがあります。そのようなケースでは、IPRを行った方がむしろ歯ぐきのすき間を減らし、仕上がりをよりきれいにすることができます。

インビザラインシステムとインビザラインGoシステムの違い

インビザラインGoシステム

  • 前歯を綺麗にしたい人におすすめ
  • 約半年という短期間で矯正が終わる
  • 奥歯の歯並びは変えられない
  • インビザラインの最新のシステム
  • 費用は45万円程度
  • 18歳以上のかた

インビザラインシステム

  • 歯並びを全体的に綺麗にしたいかた
  • 約2年から3年程度かかる
  • 費用が80万円程度かかる
  • 12歳から適用

日の出町でマウスピース矯正を希望されるかたへ

東京都西多摩郡日の出町でマウスピース矯正を希望される方へ。きらら歯科では最新式アイテロスキャナを設置し、インビザライン治療を行っております。

インビザライン治療の特徴

インビザラインの特徴 マウスピース型矯正の特徴を解説します。 メリット マウスピース型は透明で目立たない カスタムメイドで、その人その人に合ったマウスピースを使用 取り外して食事ができる。ワイヤーは食事の際にもつけたまま […]