かかりつけ歯科医機能強化型診療所とは

厚生労働省が、2016年(平成28年)保険改定で「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」を制定しました。かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(略して「か強診」)の目的は「虫歯や歯周病の重症化予防治療」を広く定着することにあります。
虫歯や歯周病は、ひどくなってから治療をしても手遅れでなおかつ完全に治すことができないことが多い病気です。そのため「かかりつけ歯科医」を持つことにより歯周病やむし歯がひどくなる前に発見したり予防したりすることが「国民全体の健康へつながる」ということを国が認識し社会に推進していこうということです。
しかしこのか強診はどの歯科医院でも取得できるものでなく、厚生労働省が定めた施設基準を満たした歯科医院だけが適用されます。
か強診を名乗るには、その施設基準をクリアしなければならないといえます。きらら歯科では数年前より施設基準をクリアし、かかりつけ歯科医機能強化型診療所の認可を得ております。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の特徴

保険診療の範囲が拡大し、従来は健康保険の範囲で対応できなかった以下の治療も健康保険で行うことが出来ます。

  • エナメル質初期う蝕管理が可能(初期むし歯に対するフッ素塗布などを保険で行える)
  • 歯周病安定期治療を行うことができる(歯周病の定期管理を保険診療で行える)
  • 在宅患者様の口腔リハビリテーション治療を行うことができる

か強診に認定される基準

安全安心が得られる「かかりつけ歯科医機能強化型歯科の施設に認定」されるための基準があります。

歯を長持ちさせる取り組みを行っている

過去1年間に歯科訪問診療、歯周病安定期治療およびクラウンブリッジ管理料を算定している医院である。

使用機器の衛生対策が十分に図られている

口腔内で使用する歯科医療機器などについて、患者ごとの交換や専用の機器を用いた洗浄滅菌処理を徹底するなど十分な滅菌対策を行っていること。

安全・安心への配慮

患者にとって安心で安全な歯科医療環境を提供するために十分な装置を有していること。

  • AED
  • パルスオキシメーター
  • 酸素供給装置
  • 血圧計
  • 救急蘇生セット
  • 歯科用吸引装置

医療事故への対応可能

  • 偶発症に対する緊急時の対応を学んでいる
  • 医療事故・感染症対策などの医療安全に関する研修を受けている
  • 高齢者の心身の特性、口腔機能の管理・緊急対応研修を受けている

複数の医療従事者が在籍

歯科医師あるいは歯科衛生士が複数名配置されていて万が一の時にも医療従事者が手分けして対応できる歯科医院。

医科や総合病院と提携

一般の医科や総合病院などと連携し、緊急の疾患に対しても紹介や送患が可能である歯科医院。

通えなくなった患者様へ訪問可能な歯科

通院中の患者様が高齢化や身体的な原因で通院できなくなったとしても継続的な治療を行うことが出来る歯科医院。