虫歯とは

虫歯(むしば)とはミュータンス菌などのむし歯の病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気です。

初期のエナメル質が少し溶けた状態では自然治癒することがありますが、それ以上に進行する虫歯になった歯は初期虫歯を除くと自然治癒して元の歯の状態に戻ることはありません

C1の状態からは治療が必要となります。

c1

そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療をすることが必要となります。

きらら歯科では麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、出来る限り細い麻酔針を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています

きらら歯科の虫歯治療へのこだわり

虫歯治療において大切なことは「必要以上に削らない」「精密な治療」「高品質な材料の使用」が最も大切なことです。

歯の寿命を大きくのばすための「高水準の治療」をするべくきらら歯科では様々なアプローチを行っております。

jirukonia2

虫歯治療詰め物虫歯治療と料金
妊娠中虫歯治療幼児虫歯治療
親知らずの虫歯治療最新の虫歯治療

痛みの少ない虫歯治療を行います

虫歯は、出来る限り早期治療が大切です。虫歯の進行が軽度であれば、治療時間も短く痛みも少なく治療を行うことが可能です。

しかしほとんどの方はお口の中を見たときに少し黒くなってきていたり、たまに冷たいものが凍みたりしても、歯科医院へ行かずそのまま放置してしまうことが多々あると思います。

もちろん、「冷たいものがしみる」「少し黒い」場合にでも虫歯でないこともあります。そのため正しい診断が必要となるのです。

きらら歯科では正しい診断を行うために、視診、X線診断、触診、ダイアグノデントによる光学診断を組み合わせた精度の高い診断を行っております。

dp3

きらら歯科の虫歯治療へのこだわり

虫歯の治療を行う上で大切なことは主に2つあります。それは虫歯に侵された感染している歯質をしっかりと除去することと、その削った穴に詰める材料が適合が良く」「長期にわたって安定している材料であるということが大切になります。

まず感染部分をしっかりと確実に取り除かないと後々虫歯が再発してしまいます。逆に削りすぎると健康な部分のエナメル質や象牙質まで傷つけてしまい歯の寿命を短くしてしまいます。

そのためきらら歯科では「う蝕検知液」というものを使用して感染部分だけを除去し、健康な部分を削らないように治療を行わせていただいております。

ScreenClip[3]

また虫歯を除去する際にも、一般的に使用されている「タービン」という歯を削る器具や「ラウンドバー」という虫歯の部分を削る器具の他にも、神経に近い虫歯の場合などには「エキスカベーター」や「スプーンエキスカベーター」という手で虫歯を除去する器具を使用し安全に治療を行っております。

なるべく白い詰め物で治します

初期の小さな虫歯などであれば、きらら歯科ではできる限り白い詰め物(コンポジットレジン)を使用して虫歯を治させていただいております。

  • コンポジットレジン治療について

またやや大きくなってきた虫歯でも、噛む力や虫歯の範囲を考慮し十分に持つと判断した場合にはコンポジットレジンによる修復を行っています。

10.1510_15_2-thumb-170x126

コンポジットレジン治療の利点は、虫歯のみを小さく削って詰めることが可能なことです。このような治療をミニマルインターベーション(MI治療)と言って現在の歯科界で中心的な考えになりつつあります。

また必要に応じて拡大鏡などを使用し治療を行っております。

af9980023270m

ミニマルインターベーション(Minimal Intervention)とは2000年に国際歯科連盟によって提唱された考え方です。直訳すると最小限の侵襲という意味です。具体的には出来るだけ歯を削らず、出来るだけ歯の神経を取らず、生まれ持った歯をできるだけ残すことが、もっとも歯の寿命を延ばすことになるという考え方です。

af0150023033m

ただ虫歯が大きかった場合などには、保険診療のルールなどもあり金属を使用して修復しないといけない場合もありますのでその点はご了承ください。

なるべく神経を取らない治療を行います

歯の神経を取ってしまうと、歯の強度が弱くなったり、だんだんと歯が黒ずんできたりします。

そして歯の神経を取って10年以上経過したあたりで、歯根破折(歯が根から割れてしまう)を起こし抜歯になることが歯を失う理由として大変多くあるのです。

pls0562149u64433

そのため、きらら歯科ではなるべく神経を残せる場合には最大限保存させていただきます。