口内炎は免疫力が低下したときに発症することが多い疾患です。

口内炎の原因

口内炎の原因には、ウイルス、真菌、自己免疫疾患、機械的刺激、貧血、薬の副作用などがあります。口内炎は大きく3つに分けられます。

  1. アフタ性口内炎
  2. カタル性口内炎
  3. ウイルス性口内炎

アフタ性口内炎

一般的にもっとも多くみられる口内炎が「アフタ性口内炎」です。

原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。

アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が、ほお・唇の内側・舌・歯ぐきなどに発生します。小さなものが2~3個群がって発生することもあります。普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。

カタル性口内炎

「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側を噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。

ウイルス性口内炎

ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みが伴うことがあります。え

口内炎の治療

口内炎の治療では、基本的に軟膏を塗ったり、うがい薬で消炎、消毒をします。

レーザー治療

口内炎になった部位をレーザーによってかさぶたにすることで、口内炎の痛みを鎮めることができます。

口内炎が発生しずらい環境へ

また、歯みがきをしっかりするだけでなく、歯科医院で歯のクリーニング、虫歯や歯周病の予防や治療をおこなうことで、口内炎ができにくい、口内炎が治りやすい口内環境にしていきます。