歯並びについて☆  歯科歯科技工士 三浦

こんにちは、武蔵五日市線秋川駅から徒歩5分の場所にあります、きらら歯科歯科技工士の三浦です。

 

 

 

私は以前、通っていた専門学校で歯並びの研究をしている人に

「あなたは出っ歯(上顎前突)です。」と言われたことがあります。

 

 

 

当時は歯科技工の学生だったので

 

歯に関しては、普通の人よりかは知識あったはずだったのですが…

 

自覚も無かったし他の人に指摘されたこともありませんでした。

 

もしかしたら、その知らせは、今までで1番衝撃的な出来事だったかもしれません。

 

 

 

 

そんな 歯並びについて 今日はお話しします。

 

 

 

 

 

 

日本は欧米に比べて歯並びに対して関心が薄いと言われています。

 

 

歯並びの悪い象徴でもある「八重歯がかわいい」「出っ歯が愛嬌がある」など肯定的に捉える見方を日本人はしていますが、

 

欧米では、歯にお金をかけている=勉学にもお金をかけている=裕福 といった〝矯正〟はある種のステータスでもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

このように歯並びの悪さは見た目だけではなく、様々な問題があります。

 

 

 

 

  • 虫歯、歯周病の原因になる

 

→歯磨きをする際、歯ブラシが歯と歯の間に届きにくく、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くことが困難になる。

 

 

 

  • 発音が悪くなる

 

→極端な出っ歯だったり、前歯の隙間が大きかったりすると歯の間から息が漏れる。

 

正しい舌の動きができなくなり、はっきりとした発音が難しくなる場合がある。

 

 

 

  • 咀嚼に影響し、消火器に負担をかける

 

→強く咬むことやしっかり咬むことができず、食べ物を十分に咀嚼できないうちに飲み込んでしまいがちになる。

 

歯並びが悪いと、咬めない歯がでてきて硬い物が食べにくくなる。

 

そのため胃腸等に負担をかける。

 

 

 

  • 健康への悪影響

 

→歯並びが悪いとかみ合わせも悪くなり頭が痛くなったり肩こりや頭痛、めまい等引き起こすこ一因となることがある。

 

 

 

  • 運動能力の低下強い筋肉を発揮するとき、人間は歯を食いしばることがある

 

→そのため歯並びやかみ合わせが悪いと歯を食いしばりにくくなり、強い筋肉を発揮できず、運動能力も低下するとされている。

 

 

 

 

私の出っ歯は幸いなことに、歯ブラシなどに影響が出ない程度なので特に矯正などの処置はするつもりありませんが、

 

上記のような問題が気になる方は、

 

一度きらら歯科にご相談しにいらしてはいかがでしょうか?

 

 

 

歯科歯科技工士 三浦