Nobel Biocare 研修参加

あきる野市きらら歯科院長の渡部和則です。

昨日4月1日(日曜)にノーベルバイオケア社アシスタントセミナーアドバンスコースに参加しました。

私と及川医局長は、IIRD口腔インプラント100時間コースに参加し、また日本口腔インプラント学会などにも参加しているのですが、

当院スタッフは外部で専門的な研修会に参加する機会があまりありませんでした。

しかし近年きらら歯科ではインプラント治療を選ばれる患者様がとても増えているため、より高いレベルのインプラント治療をしてもらいたいとの思いから今回幹部のスタッフが参加しました。

歯科医師は私と、浅川副院長、及川医局長、市場先生の4名、そして歯科衛生士4名と歯科助手2名も研修会に参加しました。

内容は

  • 術前の準備チェックリストについて
  • 清潔域と不潔域について
  • オペ中のポイント
  • LOTナンバーの管理について
  • アバットメントと補綴パーツについて
  • インプラントレベルの印象について
  • セメントリテインとスクリューリテインの違い
  • 余剰セメントとインプラント周囲炎について
  • ON1コンセプトについて
  • All-on-4について
  • インプラントコーディネーターの資格について
  • メインテナンスについて

などでした。

講師の先生は、オールオン4を発案したポルトガルリスボンのマロクリニックと提携しているインプラント専門の医院を札幌で開院されている木村先生でした。

研修中は写真撮影禁止だったため、研修室入口で

会場は品川駅近くの御殿山ガーデンで、桜が満開でとても綺麗でした。