デンタルフロス、歯間ブラシのお話☆  歯科衛生士 杉本

初めまして、歯科衛生士の杉本です。

初めてのブログ担当です。 どうぞよろしくお願いします♪

 

 

 

今回は、補助的清掃具と呼ばれる デンタルフロス歯間ブラシ のお話しをさせてもらいます。

 

 

 

毎日歯磨きしてるのに虫歯や歯周病になってしまう。

こんなお話しを良く耳にします。

実は歯ブラシで磨くだけでは 全体の60% 位しか汚れを落とせていないのです。

 

 

歯ブラシで落としきれない汚れが何処にあるのか…

 

歯の間 です!

 

大人の虫歯や歯周病は歯の間から進行する事が多いので、フロスや歯間ブラシで清掃する必要があります。

 

 

 

 

じゃあなにを使うのがいいのか??

簡単にですが、私がオススメする時の基準です。

 

 

フロス →  歯と歯の接してるコンタクト部分を清掃出来るので、虫歯のリスクが高い方にオススメしてます。

 

 

 

歯間ブラシ → フロスよりも容易に歯の間の汚れが取れるので、歯間の広い方、歯周病で骨が減ってきている方にオススメしてます。

 

 

 

他にもお口の中の状況で変わってくるので、お気軽にお声かけください。

 

一人一人に合った補助的清掃具を一緒に考えます^_^

 

 

歯科衛生士 杉本