歯ぎしりは歯の寿命を縮める!  歯科衛生士副主任 池淵

こんにちは

あきる野市秋川駅から徒歩5分のところにあります きらら歯科 歯科衛生士 池淵です。

 

 

 

今回は日頃からよくご相談を受ける 歯ぎしりについて お話したいと思います。

 

 

 

 

「ギシ、ギシ」「ギリ、ギリ」と本人は無意識にしている寝ている時の歯ぎしり、周りの人は慣れるまで耳障りだったりします。

でも歯ぎしりで辛いのは、耳ではなく、実は歯の方なのです。

 

 

 

 

 

どうして歯を痛めるの?

 

 

 

歯ぎしりは自分では意識の無い、寝ている時に行なわれるため、食べるときなどでは使わないほどの強い力で、咬んだまま歯をギリギリと擦り合わせることがあります。

 

 

 

このとき歯を強く揺らす動きもします。

これが毎日繰り返されて行なわれるため、ダメージも少しづつ蓄積されていくのです。

 

 

 

歯ぎしりの種類

 

 

*上下の歯を擦り合わせる

 

一般的な歯ぎしりです。下の顎が左右にすばやく動いた状態を繰り返すため、「ギリギリ」とした音が出ます。このときの動きは意識があるときに動かそうと思っても、再現できないほど大きく動かしている人もいます。

 

 

 

*上下の歯をぶつけ合う

 

時々見られる歯ぎしりです。下の顎が上下にすばやく動く状態を繰り返すため、「カンカン」とした音が出ます。軽くカチカチ当てる人から力強く咬む人までさまざまです。

 

 

 

*上下の歯を強く噛みしめる

 

これも時々見られます。上下の歯を力を入れて強く噛みしめた状態で寝ている状態です。

顎に力が入っていますが、音はほとんどしません。

自分の体重ほどの力で咬む人もいます。

 

 

 

この3種類が組み合わさって歯ぎしりをしていることもあります。

 

 

 

 

どんな問題が起きてくるの?

 

 

 

*特定の歯が歯周病になってくる

 

歯と歯肉の間に汚れが溜まったまま歯ぎしりを繰り返していると歯周病が進行しやすくなります。

 

 

 

*歯が移動する

 

擦り合わせる動きを繰り返すと、歯が全体的に外側に拡がるように動いてしまうことがあります。

 

 

 

*歯がグラグラする

 

歯ぎしりがあっても全ての歯が一度にグラグラになってしまうことはほとんどありませんが、歯ぎしり中に当たっている歯の本数が少ない場合にはその歯が力を強く受けぐらついてくることがあります。

 

 

 

*知覚過敏になる

 

歯ぎしりが繰り返されると力の応力によって、歯の根元が磨り減ったようにえぐれてくることがあります。

そのため水などがしみる、知覚過敏が起こることがあります。

 

 

 

*被せ物やつめものが取れやすくなる

 

毎日のように繰り返される衝撃のため、被せものの一部が欠けたり、詰めている金属などが外れやすくなります。

 

 

 

歯ぎしりは無意識にやっていることなのでやめようと思ってもなかなかやめることが難しいです。

歯ぎしりを止めることを考えるよりも、歯ぎしりのダメージを最小限に食い止める方向で治療が行なわれることが多いようです。

 

 

 

歯科衛生士副主任 池淵